スポンサーリンク

赤ちゃんの肌にも優しい乾燥・ゴワゴワ対策

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

つやつやすべすべの肌を赤ちゃん肌と呼ぶように、
赤ちゃんの肌はいつも潤っていて肌荒れとは無縁の印象があります。

実は実際のところそうでもなく、赤ちゃんの肌はとても繊細で不安定なのが事実です。
生後3ヶ月は皮脂の分泌が盛んですが、それ以降は皮脂の分泌が落ち着き乾燥しやすくなります。

さらに成長過程にある赤ちゃんの肌は保水力が未熟です。
皮脂と水分を保つことができず乾燥しやすく、湿疹ができたりゴワゴワしてきます。

スキンケアが大切ですが、赤ちゃんの肌は大人の半分の厚さしかなく、とても刺激に弱いです。

刺激に弱い赤ちゃんの肌にも優しく低刺激でできるスキンケアをご紹介していきます。

赤ちゃんの肌を乾燥から守るためには清潔に保つことと、保湿が重要です。
日々のスキンケアで赤ちゃんの肌を乾燥・ゴワゴワから守ってあげましょう。

スポンサーリンク

まずは清潔に!

赤ちゃんの肌の乾燥や肌荒れには体を綺麗に保つことが効果的です。
1日1回は赤ちゃん用のボディーシャンプーで洗ってあげましょう。

赤ちゃんの体は大人に比べてとても熱いですよね。
赤ちゃんはよく動くし代謝も良いので冬でもたくさんの汗をかいています。

汗を放っておくと細菌が増えやすくなったり不潔な状態になり、
乾燥や肌荒れ、肌のごわつきの原因になります。

定期的に体を拭いたり毎日体を洗ってあげることで
デリケートな肌を健やかに保つことができます。

ボディシャンプーは赤ちゃん用の保湿成分が配合されたものを選ぶと、
お風呂上がりの乾燥を緩やかに抑えてくれるでしょう。

保湿ケア

入浴後や乾燥が気になったタイミングで、赤ちゃん用の保湿アイテムを使って保湿しましょう。

肌を保湿することで乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を高めて肌トラブルを予防することができます。

使いやすいのはローションタイプです。
ローションは水分と油分のバランスが良いのでお風呂上がりに全身に使うのにおすすめです。

一本で全身に使えるので外出時に持っていくにも便利です。
伸びが良いものも多いので塗りやすく、毎日のスキンケアにぴったりです。

おでこやほっぺなど、飛び出ているところは特に乾燥が気になりますよね。
そういった部分にはクリームをおすすめします。

ローションに比べて油分が多いので肌の水分が出ていってしまうのを防ぎます。
ローションの後に気になる部分に重ね塗りすると効果的です。

おむつが擦れて乾燥する部分や、食べこぼしを頻繁に拭く口の周りなど、
物理的な摩擦が多い箇所はワセリンで肌を保護してあげると良いです。

ワセリンは肌にほどんど浸透しませんが、その代わりに肌の表面に膜を作り
外部からの刺激から肌を保護してくれます。

唇がカサカサしているときや関節の乾燥が気になる時には
バームタイプの保湿剤がおすすめです。

少し硬く塗りにくいですが、手の温度で温めてから塗ってあげましょう。

赤ちゃんの肌はやりすぎかなと思うくらい保湿してあげて大丈夫です。
気になる部分は重ね塗り、日中にも乾燥が気になったら積極的に塗ってあげましょう。

スキンケアは家族とのスキンシップにもなるので赤ちゃんにとっては良いことばかりです。

肌荒れしてしまったら…

どんなに毎日スキンケアしていても、
不安定な赤ちゃんの肌は肌荒れしてしまうことがあります。

スキンケアが足りなかったと自分を責める必要はありません。
環境や赤ちゃんの体調次第で悪くなってしまうこともあるのです。

肌荒れはスキンケアだけでは治りが遅く、長引いてしまうこともあります。
必要な時には薬を使って素早く治してあげることも大切です。

ひどい湿疹やかぶれが出てしまった時にはかかりつけの小児科や皮膚科で診てもらいましょう。

お医者さんにステロイド外用薬を処方されるかもしれません。

ステロイドを使うのが不安な方もいるとは思いますが、正しく使えば怖い薬ではありません。

早い時期に対処してあげることで痒みや不快感を最低限に抑えることができます。

肌に痒みがあらわれたら爪を短く、丸く切ってあげましょう。
引っ掻いた時に傷になって痒みを悪化させてしまうのを防ぎます。

まとめ

赤ちゃんのデリケートな肌を乾燥や乾燥によるゴワゴワから守るためには
清潔に保つことと日々のスキンケアが大切です。

赤ちゃんはよく汗をかくうえ、肌は薄く敏感です。
清潔さを保って細菌や肌荒れから守ってあげましょう。

入浴後や日中に乾燥が気になった時にはスキンケアをしましょう。
赤ちゃんの肌は塗りすぎたかも…と思うくらい保湿してください。

全身に使えるローションが使いやすくおすすめです。
気になる部分にはさらに重ねてクリームやワセリンを塗ってあげましょう。

どんなにスキンケアしていても、肌荒れする時はあります。
肌荒れは早い段階で対処してあげればあまりひどくならずに済みます。

痒みがあったり湿疹がひどい場合はかかりつけの小児科や皮膚科で見てもらいましょう。
必要な時期に適切な薬を使うことで短期間でしっかり治すことができます。

スキンケアは毎日続けることで乾燥や肌のゴワゴワを防ぐことができます。
またバリア機能を正常に保ち健やかな肌を保ってくれます。

赤ちゃんとのスキンシップを取る時間だと思って、日々のケアを楽しみましょう。

▼関連記事 全身の乾燥肌対策!原因別にご紹介

▼関連記事 肌の乾燥が気になる…即効性対策をご紹介!

▼関連記事 肌の乾燥によるかゆみやぶつぶつ…対処法は?

▼関連記事 肌の乾燥による皮むけが気になる方向け!おすすめファンデーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました