肌の乾燥が気になる…即効性対策をご紹介!

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





すっかり寒い季節になりましたね。
冬は暖房器具による乾燥や、寒くて水分を摂る機会が減ったりして体が乾燥しがちな季節です。

冬になるとかかとやひじなどの関節部分や、
顔の乾燥が気になる方が多いのではないでしょうか。

肌は乾燥すると痒みが出たり、見た目が気になってしまいますよね。
明日までにどうにかしたい!と思うことも多いと思います。

そこで肌が乾燥してきたなと思ったら試してもらいたい、
即効性のある対処法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





化粧水&オイルで乾燥を撃退

肌の乾燥は化粧水とオイルで改善できます。
肌の乾燥は肌の水分と皮脂が不足している状態です。

どちらかだけを補ってもまたすぐに乾燥してしまうので、
両方をしっかりと補って水分と皮脂のバランスが良い状態にする必要があります。

まず肌にしっかりと水分を持たせてあげましょう。
顔だけでなく、全身にも化粧水を使うことをおすすめします。

次に、オイルで肌の表面をコーティングして、
肌の水分が蒸発するのを防ぎます。

冬は空気が乾燥していることが多く、湿度が低い環境にいると
肌は乾燥しやすく、バリア機能も低下してしまいます。

また冬は長袖長ズボンを着用することが多いので
布が肌に触れている面積が多いですね。

布と肌が擦れて肌が敏感になってしまうことがありますが、
オイルは表面をコーティングして肌を守ってくれます。

お風呂上がりに化粧水とオイルを使って肌の乾燥を防ぐのが効果的ですが、
日中に乾燥が気になった時にも部分的にケアしていくと肌の回復が早くなります。

おすすめ化粧水

顔ではなく全身に使用する化粧水はコスパ重視で選ぶことをおすすめします。
たくさん入っていてあまり価格が高くないものが好ましいです。

惜しみなく使える大容量でコスパが良い化粧水をご紹介します。

有名&定番のハトムギ化粧水はかなりおすすめです。
500mlという大容量で価格は税込715円とかなり手頃な化粧水です。

さっぱりとした使用感で使い心地がよく、たっぷりと肌に馴染ませることができます。
無香料・低刺激性で敏感になった肌を優しく潤してくれます。

ハトムギ化粧水はドラッグストアで購入できるので
手に入れやすいという点もおすすめする理由です。

こちらも有名どころ&定番ですが、無印良品の化粧水もおすすめです。
無印良品の化粧水は400mlで税込980円から1190円と、こちらもお手頃価格です。

無印良品の化粧水は高保湿タイプ、しっとりタイプ、さっぱりタイプの3種類があり、
3つのサイズからも選べるので、肌のタイプや好みに合わせて購入することができます。

また無印良品で購入できるスプレーヘッドを化粧水に取り付けると
スプレーで全身に化粧水を振りかけることができるので便利です。

おすすめオイル

体に使うボディオイルは化粧水と同様コスパ重視で選ぶことをおすすめします。
高いオイルを買っても、冬の間続けられないと意味がないからです。

オイルには様々な種類がありますが、保湿をしたい時にはホホバオイルがおすすめです。

サラッとしていて全身に使ってもベタつきが気になりません。

マンデイムーンのホホバオイルはオーガニックの質の良いオイルでおすすめです。
精製オイルと未精製オイルの両方を取り扱っており、肌のタイプによって選ぶことができます。

精製オイルは肌へ刺激となる不純物を取り除きますがその時に栄養素も取り除かれてしまいます。

栄養価は未精製オイルよりも少し劣りますが、敏感な肌にも安心して使うことができます。

未精製オイルは敏感な肌には向きませんが、
栄養価が高いので肌が丈夫な方は未精製オイルを選ぶと良いでしょう。

無印良品のホホバオイルは肌馴染みがよく、敏感な肌にも安心して使えるオイルです。
ホホバオイルの中ではプチプラで評判の良い商品です。

ベビーオイルはホホバオイルなどの植物由来のオイルではありませんが、
生まれたての赤ちゃんにも使える肌に優しいオイルなのでこちらもおすすめです

ベビーオイルはなんといってもコスパが最強です。
特にこだわりはないからとにかく安く済ませたい方にはおすすめです。

顔にも使いたい方はホホバオイルの方がおすすめです。
化粧水の後にオイル、乳液、クリームを重ねていきましょう。

まとめ

肌の乾燥をいち早くなんとかしたい!
そんな時には化粧水とオイルの組み合わせが最強です。

お風呂上がりに全身を化粧水で満たし、
蓋をするようにオイルでコーティングします。

ホホバオイルは酸化しにくく、紫外線に当たっても油焼けしないので
日中でも乾燥が気になった時に使用することができます。

小分けにした化粧水とオイルを持ち歩いて、
乾燥が気になる場所はこまめにケアすると肌の回復は早くなります。

乾燥して敏感になった肌はさらにトラブルが起こりやすくなります。
肌の乾燥はほったらかしにせず、早めに対処しましょう。

1週間ケアしても良くならない場合や、痒みがひどい時、
湿疹ができてしまった場合には、いちど皮膚科を受診しましょう。

▼関連記事 全身の乾燥肌対策!原因別にご紹介

▼関連記事 肌の乾燥によるかゆみやぶつぶつ…対処法は?

▼関連記事 肌の乾燥による皮むけが気になる方向け!おすすめファンデーション

タイトルとURLをコピーしました