スポンサーリンク

買ってはいけないオリーブオイルが知りたい!偽物と本物があるってホント?

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

オリーブオイルは独特の風味があり、そのままかけても料理に使ってもおいしい油です。

またオレイン酸を豊富に含み、美容や健康にもプラスになると評判です。

 

オリーブオイルは現在様々な種類が販売されていて、どれを買えばいいのか迷いがちです。

しかも中にはオリーブオイルと呼べないものもあると聞いたら、買って失敗しそうと不安になりませんか?

そこで今回は、買ってはいけないオリーブオイルについて紹介します!

 

スポンサーリンク

業務スーパーの「オリーブポマスオイル」はオリーブオイルではない

 

業務用食材や冷凍食品が安く買える業務スーパーは、上手に活用したいお店の一つです。

調味料も他のお店で見かけない商品が多く、つい買ってしまうこともよくあります。

 

そんな業務スーパーにあるオリーブオイルに、「オリーブポマスオイル」があります。

1リットル入りで400円前後とお得で、値段と量でつい買ってしまいたくなります。

 

しかしオリーブポマスオイルは、正確にはオリーブオイルではありません。

オリーブオイルを絞ったあとのオリーブから油を抽出し、オリーブオイルを混ぜたものとなります。

偽物・・・といってもいいかもしれません。

国によっては食用ではないポマスオイルですが、日本で販売している物は食用として調整されたものです。

ですが味も風味もオリーブオイルとはかけ離れていて、これをオリーブオイルというのは失礼です。

 

業務スーパーには「オーガニックエキストラバージンオリーブオイル」があり、1リットル600円前後と格安です。

安くオリーブオイルを買いたくても、業務スーパーのオリーブポマスオイルは買ってはいけません。

 

トップバリュのさらっとクセがないオリーブオイルは風味の変化が気になる

 

身近なスーパーであるイオンでは、お得な価格で販売しているトップバリュ商品があります。

オリーブオイルも数種類あり、「さらっとクセがないオリーブオイル」もその一つです。

 

オリーブオイルは苦味や香りなどのクセがあり、人によっては苦手と感じることがあります。

さらっとクセがないオリーブオイルは名前の通り、クセが少なく使いやすいオリーブオイルです。

 

ただしさらっとクセがないオリーブオイルは、本格的なオリーブオイルを使いたい人向きではありません。

というのも「エクストラバージンオイル」ではない、普通のオリーブオイルだからです。

 

オリーブオイルにはいくつか種類があり、その一つが「バージンオイル」です。

その中でも「エクストラバージンオイル」は、国際基準で酸度0.8%以下と決められています。

酸度は少ないほうがより鮮度が高く、それだけフレッシュな味わいが楽しめます。

 

さらっとクセがないオリーブオイルに関しては、エキストラバージンオイルではありません。

サラダやパンにかけてもいいですが、オリーブオイルらしい味わいは期待できません。

 

またオリーブオイルの風味は落ちやすいため、色付きの瓶で売られていることが多いです。

しかしさらっとクセがないオリーブオイルは透明ペットボトル入りで、保存した時に風味の劣化が気になります。

 

揚げ油や炒め油としてたっぷり使いたいときは、さらっとクセがないオリーブオイルはおすすめです。

しかしきちんとしたオリーブオイルを味わいたいなら、この商品を買うのはやめましょう。

 

BOSCO・エキストラバージンオリーブオイルは辛くて苦い

 

BOSCOのエキストラバージンオリーブオイルは、日清オイリオグループが販売している商品です。

スーパーでよく見かける商品で、サイズも豊富で買いやすいオリーブオイルでもあります。

 

イタリア産のオリーブを絞ったエキストラバージンオイルは、日本国内で瓶詰めされています。

また鮮度を保ったまま瓶詰めするため、安心感と新鮮さには定評があります。

 

ただし味に関しては辛味と苦味が強く、香りが弱く感じられるという意見があります。

辛味・苦味は独特なため、子供はもちろん大人でもダメな人がいるかも知れません。

 

オリーブオイルは風味が独特のため、バランスがよくても苦手な方はいます。

もし辛味・苦味が得意でないなら、BOSCO・エキストラバージンオリーブオイルは買ってはいけません。

 

J−オイルミルズのオリーブオイルエクストラバージンはクセがなさすぎる

 

J−オイルミルズのオリーブオイルエクストラバージンは、味の素ブランドのオリーブオイルです。

こちらもサイズが豊富で、スーパーでよく見かける商品です。

 

この商品はスペインの指定農園のオリーブを絞った、エクストラバージンオリーブオイルです。

パッケージも鮮度を保つ工夫がしているため、風味が落ちにくくなっています。

 

風味が落ちない工夫はあるのですが、味そのものはあっさりしすぎています。

エクストラバージンオイルなのに、クセがなさすぎて物足りないという意見がありました。

 

エクストラバージンオリーブオイルはそのまま飲んでも美味しく、健康効果が期待出来ます。

クセがないので飲みやすいかも知れませんが、オリーブオイルはごくごく飲むものではありません。

 

少しづつオリーブオイルに慣れようとするなら、クセが少ないこの商品でもいいかもしれません。

しかしオリーブオイルらしさが欲しいなら、オリーブオイルエクストラバージンは買ってはいけません。

 

まとめ

 

オリーブオイルは輸入品も多く、大きめのスーパーやネットでも購入することが可能です。

購入するときは酸度が0.8%以下の、エクストラバージンオイルを選ぶとより安心です。

 

今回紹介した商品は、スーパーでよく見かける買いやすい商品です。

日本のメーカーが作っているため、日本人に食べやすい味のものがほとんどです。

ただしオリーブオイル本来の風味という点では、物足りない所品も多くなっています。

 

オリーブオイルはクセがあり、人によっては味が合わないこともあります。

自分にとっておいしい風味はどんなものかと考えながら、オリーブオイルを選びませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました