スポンサーリンク

肌の乾燥による皮むけが気になる方向け!おすすめファンデーション

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

冬はどうしても肌が乾燥しがちです。
朝起きたら肌が乾燥していて、ファンデーションがうまく乗らない…なんて日もありますよね。

また、朝の洗顔とスキンケアの後はそんなに乾燥しているように見えなくても、
ファンデーションを塗ったら皮むけや粉ふきなど乾燥が目立つようになってしまうことも。

肌の1番外側は角層と呼ばれています。
角層の細胞が綺麗に並んでいると、キメが細かく肌は綺麗に見えます。

肌が乾燥すると、細胞の配列が乱れて角層が剥がれやすくなります。
皮むけが起こっている時は、肌の表面の細胞が剥がれてしまっている状態というわけです。

角層の細胞の配列が乱れると隙間ができてしまい、敏感肌の原因にもなってしまいます。

肌の乾燥を防ぐには角層の皮脂と水分のバランスが大切です。

日中の肌の皮脂と水分のバランスを保ち、皮むけしづらいファンデーションの選び方や、メイク中に乾燥してしまった肌の対処法などをご紹介します。

スポンサーリンク

ファンデーションの選び方

乾燥する季節のファンデーションは、リキッドファンデーションや、
クリームファンデーション、美容液ファンデーションがおすすめです。

肌の乾燥タイプ別におすすめのファンデーションをご紹介します。

皮脂が多めで、普段はパウダーファンデーションを使っているという方には
乾燥した部分にだけリキッドファンデーションを使うのもおすすめです。

マキアージュ ドラマティックジェリーリキッドファンデーションは
肌に潤いを与えつつ皮脂崩れしにくくおすすめです。

価格も手頃で、ドラッグストアなどでも取り扱っているので手に入れやすいと思います。

皮脂が少なく、肌が乾燥してくすんで見えてしまう方には
クリームファンデーションがおすすめです。

クリームファンデーションは油成分が多く保湿力があり、
薄塗りでもカバー力が高く、つやのある健康的な肌色に仕上げてくれます。

RMK クリーミィファンデーションは
肌の乾燥を防ぎ明るい肌色を演出してくれる優れものです。

5種のブレンドオイルが肌を乾燥から守り、
乾燥でくすみがちな肌を透明感とつやのある明るい肌へ導いてくれます。

皮脂も水分も少ないタイプの乾燥肌の方には
美容液成分が入った美容液ファンデーションがおすすめです。

乾燥した肌にメイクをしたくない気持ちもあるかもしれませんが、
冬でも紫外線やほこりなど肌の刺激になるものがある以上何も塗らないのはおすすめしません。

美容液ファンデーションは日中の刺激から肌を守りつつ、
塗っている間肌を保湿して乾燥肌を改善してくれます。

エトヴォス ミネラルフローレスリキッドファンデーションは
ヒアルロン酸Naやヒト型セラミドを配合した美容液ファンデーションです。

石けんでオフできる肌に優しい処方なので乾燥して敏感になった肌におすすめです。
しっとりとしているけれど軽やかなつけ心地で、綺麗なつや肌に仕上がります。

整肌成分を配合し、つけているだけで乾燥を防いで健康な肌に整えてくれます。

ファンデーションの直し方

日中の乾燥や皮むけでファンデーションが浮いてしまうことがありますよね。
そんな時の化粧直しにはローションミストがおすすめです。

ファンデーションを塗った肌に化粧水だけつけても逆効果になってしまうこともあります。

必ずオイル成分が入ったローションミストを使うようにしましょう。

ティッシュで化粧崩れが気になる部分を抑え、
ローションミストで保湿したあとに保湿効果の高いファンデーションで直します。

おすすめのローションミストをいくつかご紹介します。

dプログラム アレルバリア ミスト
オイル層と化粧水層の2層タイプで、肌の皮脂と水分のバランスを整えてくれます。

アレルバリアテクノロジーで、空気中のちりや埃など
微細な刺激物から、乾燥によって敏感になった肌を守ってくれます。

アヴァンセ シェイクミスト しっとり
こちらもオイルとウォーターセラムの2層タイプです。

肌に潤いを与えてしっかりと閉じ込めてくれます。
またメイクキープにも効果的で、皮脂崩れに強くメイク崩れを防いでくれます。

ウラワザ応急処置

ファンデーションのヨレや皮向けが気になるけどゆっくり直してる時間はない!
そんな時にはリップクリームやワセリン、ハンドクリームを使ったウラワザがあります。

リップクリームは普段唇に使うものですしワセリンはほとんどが油成分なので、
低刺激で優しい成分でできています。

ハンドクリームは物によって乾燥した肌に刺激となる成分が入っているので注意してください。

ワセリンやリップクリーム、ハンドクリームをを手の甲に少量出し、
薬指にとって気になる部分に優しく馴染ませます。

ワセリンやリップクリーム、ハンドクリームはほとんどが油成分です。
つけすぎると化粧崩れの原因になってしまうので注意しましょう。

また、持っていれば化粧水やミストで水分を補ってから応急処置をするとより効果的です。

まとめ

肌の乾燥を防ぐには皮脂と水分のバランスが大切です。
日中に皮脂と水分のバランスを整えてくれるファンデーションを選びましょう。

皮脂が多めの方にはリキッドタイプ、皮脂が少なめの方にはクリームタイプ、
皮脂も水分も少ない乾燥肌の方には美容液ファンデーションがおすすめです。

リップクリームやワセリンをつかった応急処置も可能ですが、
応急処置で補えるのは油成分が主です。

乾燥対策には水分と油分の両方を補うことが大切なので
可能であればローションミストを持ち歩くようにしましょう。

自分の肌にあったファンデーションやローションミストを見つけて
冬でも乾燥知らずの肌を演出しましょう!

▼関連記事 全身の乾燥肌対策!原因別にご紹介

▼関連記事 肌の乾燥が気になる…即効性対策をご紹介!

▼関連記事 肌の乾燥によるかゆみやぶつぶつ…対処法は?

▼関連記事 赤ちゃんの肌にも優しい乾燥・ゴワゴワ対策

コメント

タイトルとURLをコピーしました