毎日の運動でお肌がつるつるに!?運動がもたらす美肌への効果は?

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





毎日のスキンケアや、食事などお肌のために気を遣っている人もいらっしゃいますよね。他にも、美肌のために運動をされる人もいると思いますが、注意しないとかえって逆効果になる可能性も・・・!

今回は、運動がもたらす美肌へのメリットと、注意点、そして普段運動しない人でも日常に取り入れやすい簡単な美肌効果のある運動をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





運動はお肌に良い?

運動は健康維持や、ダイエットなどの他に美肌にも効果があります。
今からでも身体を動かしたくなるような、運動がもたらすお肌への効果を見ていきましょう。

・ターンオーバーを促す

美肌作りには、新しくお肌を生まれ変わらせるターンオーバーが重要です。
運動によって、血行が良くなると新陳代謝が活発化するためターンオーバーも促進されます。

逆にターンオーバーが乱れると肌のごわつきや、ニキビ、肌荒れなどのトラブルを招いてしまいます。


・成長ホルモンが分泌される

成長ホルモンが分泌されるのは、実は睡眠だけではなく、運動することで成長ホルモンの分泌が促されます。

この成長ホルモンは、私たちの紫外線やストレスなどでダメージを受けたお肌の回復させる効果があります!

また、「ヒアルロン酸」を作る細胞が活性化されるため、成長ホルモンは美肌を目指すなら欠かせないものとなっています。


・便秘の解消

お肌の健康のためにも、ダイエットのためにも便秘は悪影響を及ぼします。
運動によって、腸が刺激されることで排便が促されることで老廃物の排出を助けます。

腸内環境の状態はお肌に出やすいものなので、運動で便秘も解消しましょう!


・汗をかいて毛穴をきれいに

毛穴に残った汚れはニキビの原因になります。
運動で汗をかくと、毛穴に溜まった汚れを排出して肌トラブルを防ぎます。

定期的に汗をかいて、老廃物を押し流すことで美肌に近づくことができるのです。

他にも、睡眠の質の向上やストレスの解消など、運動で期待できる美肌への効果はたくさんあります。

運動するときの注意点

せっかく運動しても、逆効果になってしまったり、肌トラブルを悪化させてしまったりないように、ここからは運動をする際の注意点をお伝えします。

・無酸素運動よりも「有酸素運動」を

有酸素運動には、毛細血管を増やす効果があります。

毛細血管には、肌や身体の各部位に栄養や酸素を届けて、二酸化炭素や老廃物を排出する役割があるため美肌効果への効果が得られます。

美肌効果以外にも、体力向上、もちろんダイエットにも効くので続けていきたいですよね!


・紫外線対策をしっかり

紫外線は、シミやシワ、たるみなど肌の老化を進めます。
曇っている日も、紫外線が降り注ぐので天気にかかわらず日焼け止めは毎日塗るのが大切です。

特に暑い日や運動すると、汗と一緒に日焼け止めが流れることもありますので、こまめに塗り直すようにしてくださいね。

日焼け止め特有の香りや、ベタベタ感が苦手な方には「ジェル」や「エマルジョン」タイプのさらっとした付け心地のものがおすすめです。

塗り直しが楽なスプレータイプもありますので、自分にあった日焼け止めをさがしてみてくださいね!


・水分補給を忘れずに!

運動して汗を流すことは、身体から水分が奪われているのです。
肌が乾燥すると、皮脂の分泌が過剰になるので肌トラブルの原因になります。

喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分を摂取しましょう!
また、水分は体内に吸収されるまでに30分程度かかるため、運動を始める前にも軽く水分を摂ってくださいね!


・汗をかいた後のスキンケア

汗をかいたままにすると、汗の蒸発とともに肌の潤いが奪われます。
きちんとケアをして肌トラブル防ぎましょう。

拭き取るときはタオルなどで肌を擦るのではなく押しつけるようにして汗を拭き取りましょう!また毛穴から押し出された老廃物を取り除くためにも乾いたタオルよりも水で濡らしたタオルがおすすめですよ。

美肌へ導く「有酸素運動」

有酸素運動と聞くと、ジョギングやジムに通ったり、意気込んで始めてもモチベーションが続かなかったり・・・とちょっとハードルが高いようなイメージもありますが自宅でできる簡単な続けやすい有酸素運動をご紹介します!

・空中自転車漕ぎ

空中自転車漕ぎは、仰向けに横になった状態で、足を持ち上げ両手で腰を支えながらゆっくりと自転車のペダルを踏むように、足を回す簡単な運動です。

この運動の良いところはテレビやスマホを見ながら、ちょっとした隙間時間にできるところ。

はじめは20~50回程度を目標に無理せず、毎日続けてみましょう!


・ドッグブレス

ドッグブレスは、犬のように「ハッハッハッ」と短く速い呼吸を繰り返すことです。

座っていても、立っていても簡単にできるのですが、寝転がると自然と腹式呼吸になるので、寝る前や朝起きたときに100回を目標にしてみましょう!

はじめのうちは、100回でもきつく感じますが慣れてきたら200回、300回と回数を増やしてください。

声量がアップする効果もあるので、美肌効果と一緒に歌唱力も上げられそうですね!


・踏み台昇降

踏み台昇降は、階段を上り降りするように台に登って降りてを繰り返す運動です。
踏み台は階段や、まとめた雑誌など丈夫なものであれば何でもOKです。

はじめは10分を目標に続けてみましょう!

簡単にできる自宅トレーニングでも有名な踏み台昇降ですが、両手が空くので動画を見ながらもできるので意外とあっという間かもしれませんね。


・マウンテンクライマー

肩幅の感覚で両手を床につき、膝をそろえて足を伸ばしプランクのような体勢になります。片足ずつ交互に膝を胸に近づけるような感覚で、その場で駆け足してください。

左右20回ずつ、これを2セットから始めてみてください。
好きな曲が終わるまで、番組のCMの間など自分が続けやすい工夫をしながら習慣付けましょう!


・腕ふり運動

背筋を伸ばして、視線はまっすぐ前に向けたまま両肘を直角に曲げます。
片足を肩幅程度に後ろに下げ、腕だけダッシュするように1分を目安に思いっきり腕を振ってください。

前後の足を変えて同じようにもう1分!
ポイントは、肘を90度にキープして肩甲骨が動いていることを意識しましょう。

肩甲骨周りの筋肉をほぐすことで、肩こりや、肩こりが原因の頭痛の症状改善にも効果があります。

座ったままでもできるので、在宅ワークや家事の合間に肩をほぐしながら有酸素運動ができる一石二鳥なトレーニングです。


・ダンス

2週間で痩せるダンスなど、SNSでも話題になっていますよね。
DVDなどもありますが、YouTubeではいろんな有酸素運動効果のあるダンスの動画がたくさんあります!

単調なトレーニングに飽きてきたら、音楽に合わせて楽しく運動できるダンスもいかがでしょうか!

ジャンプせずにできるトレーニングなどもあるので、自分にあったダンスを探してみてくださいね!

無理せず!「続ける」ことを目標に!

いかがでしょうか。
つるつるの美肌のためには、スキンケアだけではなく運動も大切です。
日頃から運動の習慣がない人は、続けることがなかなか難しいですよね。

はじめからハードな運動ではなく、毎日無理なく続けられそうなものからはじめてみましょう!

▼関連記事 お肌つるつるをキープ!ファンデーションとメイクアップのひと手間

▼関連記事 ビタミンCでお肌つるつる!美容に効果的な摂取法やコスメをご紹介

▼関連記事 韓国人のお肌はどうしてツルツル?理由と美容方法をご紹介!

▼関連記事 米ぬかで肌がつるつるに!美容効果や活用方法をご紹介

▼関連記事 筋トレで美肌に?簡単トレーニング目指せ!つるつる肌!

▼関連記事 お肌つるつる!美肌効果のある食べ物とお肌が綺麗な人の4つの条件!

▼関連記事 肌をつるつるにする男性急増中!メンズスキンケアの必要性と基本のケア

タイトルとURLをコピーしました