使い方いろいろ!白身魚フライの冷凍食

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





絶品のおすすめ商品とアレンジ

魚は健康に良い食べ物だとよく言います。特に白身魚は味が淡白なのでいろいろな料理に活用できて便利です。

煮付けにしたりムニエルにしても美味しいですが、白身魚といえばフライが美味しいですね。

フライにすると魚が苦手なお子様でも食べてくれることもあります。

揚げるだけ、レンジで温めるだけの白身魚フライの冷凍食品なら、揚げる時の手間や洗い物をグッと減らせて手軽にフライを食べられます。

イギリスの有名な料理、フィッシュアンドチップスも白身魚のフライを使った料理です。冷凍食品を活用して、海外に行かなくても自宅で簡単にイギリスの料理を楽しむことができます。

白身魚フライの冷凍食品にはお弁当むけに作られたものや、自分でアレンジを楽しめる食卓用の冷凍フライなどいくつか種類があります。

今回は用途別におすすめの冷凍白身魚フライをご紹介します。

お弁当におすすめの白身魚フライ

お弁当の一品にするにはマルハニチロの白身魚タルタルソースがおすすめです。

レンジで調理しても、自然解凍でも、好きな方で調理できます。自然解凍の場合は2時間が目安のようです。サクサクっと軽い衣と、コクのあるタルタルソースが美味しい商品です。

フライの中にタルタルソースが入っているので、お弁当にソースをつける必要がありません。白身魚はジューシーな身が詰まっていて、タルタルの味がしっかりついているので

食べ応えがあって、満足感もバッチリです。袋の中のトレーは手で切り離すことができるので、好きな分だけ切り離して使うことができます。

調理は手軽だし、お弁当のボリューム感をアップしてくれるので毎日のお弁当作りの強い味方になってくれます。

おつまみむけ白身魚フライ

マルハニチロの、日本唐揚教会監修 海から揚 白身魚のから揚げがおすすめです。

フライというイメージと少し違うかもしれませんが、白身魚のから揚げという新感覚のフライが楽しめます。

レンジで簡単調理できて、おかずになるような白身魚のフライがあれば、食卓にもう一品欲しい時や、お酒のつまみが欲しい時に便利ですよね。

こちらは袋のままレンジで加熱できるので超簡単に調理できます。袋を切ればそのまま食べられるので、1人でおつまみにする時にはお皿もいりません。

シンプルな塩味で魚本来の旨味を楽しめます。おかずにしてもおつまみにしてもちょうど良い便利な商品ですね。お酒と一緒に楽しむ時にはレモンチューハイとよく合うようです。

自分で揚げる時のおすすめ

油で調理するタイプの冷凍白身魚フライもご紹介します。おすすめはトップバリュのサクサクした食感の白身魚フライです。

内容量は10枚で、価格は約322円(税込)なので1枚当たり30円ちょっとです。たくさん使いたい時にはコスパが良くて重宝します。

自分でアレンジしたい時には、油で揚げる調理方法が良いでしょう。油を用意するのは少し面倒かもしれませんが、料理の幅がグッと広がります。

油で揚げるとふっくらした白身魚の身と、サクサクの衣の食感がたまりません。レンジ調理にはない美味しさを堪能することができます。

味付けはシンプルなので様々なソースをかけたり、アレンジ料理を試すのが楽しくなります。

おすすめアレンジ

白身魚は味が淡白なのでどんな味付けにも合います。定番はタルタルソースですが他のアレンジをいくつかご紹介します。

白身魚フライはサンドやバーガーにとても合います。ファーストフード店のフィッシュバーガーは人気商品ですね。

タルタルソースと白身魚と、お好みでチーズをサンドするだけです。タルタルソースをサルサソースに変えたり、タマゴサラダを加えても美味しいですね。

休日のランチにぴったりです。冒頭に紹介したフィッシュ&チップスも揚げるだけなので難しくはありません。

少し凝ったアレンジをしたいときは南蛮ソースをかけたり、甘酢あんかけにすると豪華な料理の完成です。

大人の味付けにしたいときはサルサ風がおすすめです。たくさん野菜が摂れて体にも嬉しいですね。

白身魚フライでサンド1つ作るにしても、調べてみるとたくさんのレシピが出てきます。無限にアレンジできてしまうほど白身魚フライは便利です。

自分でアレンジレシピを研究してみるのも楽しいかもしれません。

MSC・海のエコラベル

皆さんはMSCというのをご存知ですか?魚製品にマークがついているのを見たことがあるかもしれません。

海のエコラベルと言って、水産資源と環境にやさしい商品と認証された証です。魚は日本人にとって馴染み深く美味しいけれど、無限に獲れるわけではありません。

ずっと魚がとれる海を守るためにMSCは活動しています。このマークがついた商品を手に取ることで、私たちもその活動に協力できるのです。

今回ご紹介したマルハニチロの白身魚タルタルソースと、トップバリュのサクサクした食感の白身魚フライにはこのマークがついています。

白身魚に限らず、魚製品を選ぶ時には少し思い出してみてください。

まとめ

マルハニチロの白身魚タルタルソースは調理が簡単でお弁当に最適です。サクッとした食感と中のタルタルソースの相性がバッチリ。

同じくマルハニチロの、日本唐揚教会監修 海から揚 白身魚のから揚げは新感覚の白身魚フライと言っても良いでしょう。

お酒のおつまみにもおかずにもちょうどいい、簡単に調理できてお皿もいらずとても便利です。

自分でアレンジを楽しみたい時にはトップバリュのサクサクした食感の白身魚フライがおすすめです。調べてみるととてもたくさんのアレンジレシピが出てくるので好みに合うものを探してみてください。

冷凍食品の白身魚フライで悩んだ時には、ぜひ海のエコラベルがついたものを選んで、ずっと美味しい魚が食べられるようにMSCの活動に協力しましょう!

▼関連記事 焼きそばの冷凍食品・こだわり別のおすすめ紹介

▼関連記事 安心・安全・美味しい!クリームコロッケの冷凍食品おすすめ3選

▼関連記事 冷凍食品でも本格的!おすすめ小籠包

▼関連記事 冷凍食品のカツ、おすすめなのはどれ?

▼関連記事 冷凍食品がうまい!コンビニシューマイがおすすめ!

タイトルとURLをコピーしました