Miスマートバンド5 日本語版の商品レビュー!シャオミ(Xiaomi)製品

この記事は約7分で読めます。

※今回の画像はXiaomi MiMIX3というスマホで撮っています

今回の商品レビューは、シャオミ(Xiaomi)製の、

Miスマートバンド5(mi band5)日本語版の商品レビューです。

Miスマートバンド5 開梱レビュー

ちなみに、私は前モデルのMiスマートバンド4を愛用していました・・・が、自転車に乗っているときに、ゴムバンドが外れてしまって、気づいたら無くなってしまったんです。

ですから、今回レビューが書けるのを心待ちにしていました!やったー!

なんとなんと、Gshopper様から商品提供して頂いたものをレビューしています。

シャオミが2021年1月8日に発売した、新しいスマートウォッチ・・・ならぬスマートバンドです。

スマートウォッチとスマートバンドの違いは、

おそらくですが、

スマートウォッチ・・・時計型でタッチパネルを使って様々なことが出来る。

スマートバンド・・・主に運動時に使用して、歩数や心拍などを図れる。タッチパネルは無し。

といった違いです。

それでは、梱包を開封してみましょう。

Miスマートバンド5の箱はこんな感じです。値段の割に高級感があると思いました。

商品の箱裏面です。

中身は、こんな感じでした。本体と、専用充電ケーブル、取扱説明書です。チラシ等の同梱もなくシンプルでいい感じです。

Miスマートバンド5の裏面です。

専用充電ケーブルをさすと、自動で電源が入り充電が開始されました。

この充電ケーブルが、Miスマートバンド5のすっごく良いところなんです。

なぜなら・・・

前モデルのMiスマートバンド4までは、充電するたびに本体をゴム製のリストバンドからいちいち外す必要がありました。

↑この様に本体とバンドを別々にしないと、充電ケーブルをさすことが出来ないケーブルの形だったんです。

そして、本体とバンドを外すのにすごく力が要ります・・・充電のたびに外すのが嫌になるほど硬くて外れにくかったんです。それが嫌で充電しなくて使わなくなる人もいたんじゃないでしょうか・・・

それが、新型Miスマートバンド5では見事に改良されていました。充電ケーブルの形が大きく変わり、本体の充電端子にケーブルを近づけるだけで、磁石の力で勝手にくっついて充電してくれます。もちろん、本体とバンドを外す必要はないです!

この充電部分の改良だけでも、Miスマートバンド4からMiスマートバンド5に買い替える価値があると思います。毎回の大きな手間が無くなるんですから。

Mi スマートバンド5 商品詳細

細かい商品説明は、こちら↓から確認をお願いします。

→  Mi スマートバンド5 商品詳細はこちら

その中で、前モデルと簡単に比較してみますね。

端末名Xiaomi Mi Band 4Xiaomi Mi Band 5
ディスプレイ0.95インチ1.1インチ
機能6種類の運動モード
心拍数
睡眠トラッキング
11種類の運動モード
ストレスモニタリング
心拍数
24時間睡眠トラッキング
女性周期管理
重量22.1g(バンド込み)23g(バンド込み実測)
防水50m防水仕様50m防水仕様
電池持ち14日程14日程(省電力モード20日程)
価格国際版2,980円前後日本版3,280円(税込)前後

画面が少し大きくなり、機能が大幅に増えていますね。

重さは、ほぼ変わらずです。

防水機能も、そのままなのでプールにも入れちゃいます。

個人的に気になっているところが、睡眠モニタリングが24時間対応になったところです。

スマートバンド4は、夜の睡眠はしっかり記録できていましたが、

ついついお昼寝してしまったときは、睡眠として計測されていませんでした。

改善されているのは、嬉しいですね。

あと、運動モードが増えているところです。

新モードとして、

ヨガモード・ローイングマシンモード・縄跳びモードが追加されました。

私は使うかどうかわかりませんが、ジムで筋トレをする人にはとても良さそうです。

※下記は4月25日に追記しました

Xiaomi Miスマートバンド5 2ヶ月使用後のレビュー!

3月5日に、Xiaomiのmiスマートバンドの開梱レビューを記事にしました。

シャオミ(Xiaomi)製品 Miスマートバンド5 日本語版の開梱レビュー

約2ヶ月程使ってみて、いろいろと見えてきたのでレビュー記事にしてみます。

使ってみて何が良かったか

使ってみて、一番良かったのは2点で、

【値段が安く、とにかく気軽にどこでも(プールやお風呂でも)着けていられる】

ことと、

【睡眠データが細かくかなり正確にとれるし、それを分析までしてくれる】

ことでした。

私が以前から愛用していた、

Fitbit AltaHR フィットネストラッカー Alta HR Black S FB408SBKS-CJK

ですと、価格2万以上しますから、壊れるかもしれないところ(お風呂やサウナなど)では絶対に着けたくないです。

でも、Miスマートバンド5なら、価格3,480円(4/25現在)で購入できますので、壊れても諦めがつきますし何ならもう一度買いなおします。

心拍や運動量を計測して、自分の健康に寄与させるためには、常に身に着けて日々のデータを取ることが大事です。それが、ストレスなくできるのがこのMiスマートバンド5でした。

【日本語版】 Xiaomi Mi スマートバンド 5

お風呂やサウナでも使えるか?

ずばり結論ですが、【使えます

もちろん、Xiaomiさんは公式に使えるとは言っていません・・・(他のスマートウォッチでも、公式にサウナ使用OKの製品は一つもありませんが)

ですので、自己責任での使用にはなりますが、私が実際に試したところ、サウナの中でも問題なく動きましたしその後もスマートバンド5に異常は出ていません。

なぜ、サウナで使ってもみようかと思ったかというと、こちらの記事を読んでやってみたくなったのです。

サウナーウォッチとしてのMi Band5を語る【サウナ用腕時計】|セージヤマモト|note
こんにちは!The Saunaでヘルパーとしてサウナスタッフしているセイジといいます。 いきなりですが、 私実は結構なガジェット好きでして、今回はサウナーウォッチについてちょっと書いてみようかなと思ってます。 シャオミ社のスマートウォッチ Mi Band5に関してです。 というのも、最近Twitterの...

2ヶ月間で多分計40回ほどサウナで使ってますが全く問題なし!すごい!

サウナーウォッチとしてのMi Band5を語る【サウナ用腕時計】

私もとっても温泉やサウナが好きで、周囲にもそういった知人が多く、サウナや温泉に着けていられるスマートウォッチがあればいいなと思っていたんです。

でも、サウナの中だと、バンドのゴム部分は大丈夫ですがディスプレイ部分は熱―くなりますので、やけどに注意してくださいね!

電池の持ちは?

これは、素晴らしいの一言です。

私は、約2カ月程ほぼ毎日着けていますが、まだ4回しか充電していません。

ですので、公式が出しているスペックにかなり近く、電池持ちは14日間ほどは持っているようです。

充電が少なくなってくると、スマートバンド5からの通知もありますので、充電し忘れて肝心な時に電池がない・・・ってことも少ないと思います。

睡眠を測る機能は?

上記の画面は、Mi Fit(android版)というMiスマートバンド5を管理するアプリの画面です。

このように、睡眠の質をMi Fitアプリで確認することができます。

このアプリの良いところは、

  • 深い眠り・浅い眠り・レム睡眠・覚醒の4つのバランスを見ることができる
  • 仮眠(ついやってしまったお昼寝など)のデータを取ることができる
  • 過去7日間の平均睡眠データとの比較をしてくれる
  • 上記項目に対して、分析して注意点を教えてくれる
  • こういったデータをずっと記録して残すことができる

ことです。

すっごく、睡眠の質の改善に役立ちました。

↓長く寝たから良い睡眠ではなく、睡眠の質でスコアが決まるようですね。

まとめ

本当にこのMiスマートバンド5は、3,480円という価格ではありえないくらい高機能良機能だと思います。

睡眠に入った入眠時間と起きた起床時間は、かなり正確に記録してくれている印象です。

途中で、トイレなどで目が覚めた時は、その間数分が覚醒時という黄色の項目で記録されます。

Miスマートバンド5を使っている知人にも何人かに聞きましたが、同じく睡眠データはかなり正確にとれていると言っていました。

→  【日本語版】 Xiaomi Mi スマートバンド 5

もし、購入を迷っている方は、このMiスマートバンド5をおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました