スポンサーリンク

妊活がうまくいかないときはどうする?

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
妊活がうまくいかないとき

子供は授かりものとは言いますが、気長に待っていてはいつ子供を授かるかわかりません。

そのため積極的に子供を授かろうと、よりよい妊活を求める方も多いかと思います。

しかし妊活が思うようにいかないと、これでいいのかとあせってしまいがちです。

なにが悪いのかと落ち込む前に、妊活について考え直してみませんか?

そこで今日は、妊活がうまくいかないときにやってみたいことについて、紹介します!

スポンサーリンク

ブライダルチェックを受けよう

妊活において大切なことは、夫婦ともに子供を授かりやすい状態であるかどうかです。

もし「ブライダルチェック」を受けていないのであれば、夫婦で検査を受けることをおすすめします。

ブライダルチェックとは健康診断の一種で、主に妊娠・出産に関わる項目を検診で調べます。

結婚前の女性が行うことが多いためブライダルチェックと呼ばれていますが、男女問わず受診が可能です。

名称は病院によって違うことも有り、特に男性向けはブライダルチェックと言わないこともあります。

受診内容は病院によって異なりますが、男女とも妊娠に関わる機能を中心に検査します。

保険適用外のため費用はそれなりにかかりますが、体の状態を知るためにはぜひ受けたい検診です。

ブライダルチェックを受けることで、妊娠しづらい状態であるかなどが判断できます。

妊娠は女性一人ではできないことですし、女性だけでなく男性にも原因があることも考えられます。

医師のアドバイスや医療方面の手助けを受ければ、より確実な妊活となることでしょう。

すべての人がそうだとは言いませんが、ブライダルチェックを受けたくない方も中にはいます。

また自分に原因があるという事を、知りたくないという方もいるかも知れません。

しかし知らないことには始まらないですし、健康状態を知っておくことは人生において大切です。

原因がわからないまま悩むよりも、まずはブライダルチェックで自分たちの状態を確認しませんか?

夫婦で話し合おう

妊活は夫婦ふたりの協力がないとできませんし、授かった後も夫婦二人の共同作業が続きます。

もし片方だけが空回りしていると感じるなら、話し合うことも大切です。

夫婦ともに子供を望んでいてうまく行かないのであれば、より具体的な方法を考えることも大切です。

医師の手を借りて本格的な妊活を行っているなら、今後の方針を二人で相談するのも重要です。

妊活がめんどう、そのうち授かるだろうなど、夫婦間で気持ちの違いがあるかも知れません。

言ったつもり・わかってるつもりと思わず、互いにどう考えているのかをすべて話す事も必要です。

話し合ってすぐに解決するものではありませんし、話し合えば子供が授かるものでもありません。

しかし気持ちがすれ違ってモヤモヤしていては、ストレスとなってより授かりにくくなる可能性もあります。

夫婦けんかとなってもいいので、一度腹を割って妊活について素直な気持ちを出し合いましょう。

お休み期間を作ろう

健康状態も夫婦間の気持ちに問題がなくても、子供が授からない事もあります。

いろいろ試しても授からないなら、一定の間妊活を休んで気分転換しましょう。

授かりやすい体を整えるためには、なるべくストレスを減らすことも大切です。

しかし妊活がストレスとなるなら、気持ちをリセットするためにも休んでしまいましょう。

お休み期間中はいつもどおり過ごしてもいいですし、妊活とは関係なく夫婦の時間を楽しむのも素敵です。

趣味の時間を充実させてもいいですし、お酒を飲んで夜ふかしをするのも楽しそうです。

お休み期間中に妊活への考え方が変わっても、それは自然なことです。

情報に振り回されない

いつまでも授からないとなると、何が悪いのかと考えてしまいがちです。

より授かりやすくなる方法を求めて、妊活中の友人との情報交換にも熱が入ってしまいます。

妊活にまつわる情報の中には、全くのデタラメが混ざることがあります。

中には相手を騙してお金を取るような、善意を装った悪質な情報も存在しています。

焦るばかりに怪しい情報に飛びつき、心も体も傷ついてしまっては大変です。

新しい情報を探すことも大切ですが、本当に正しい情報なのかを判断して落ち着くことも大切です。

夫婦で今までとこれからを見直すためにも、おやすみ期間を作ってみませんか?

規則正しい生活を

妊活がうまくいかずに悩みを抱えていると、毎日の生活が荒れてしまうことがあります。

生活が荒れて体調が崩れてしまうと、さらに授かりにくくなるのではと不安も増えてしまいます。

妊活中に限らず、規則正しい生活を送ることは、健康へと繋がります。

毎日少しでもいいので体を動かし、バランスの良い食事を取って夜は眠る事を意識しましょう。

毎日の運動はジョギングやウォーキングでもいいですし、ラジオ体操もおすすめです。

食事はイライラ対策になるカルシウムを多く含む、小魚や牛乳をよく取ることを心がけます。

お風呂は寝る一時間前に済ませ、お風呂後はスマホは見ないで目と心を休ませましょう。

規則正しい生活で体が元気になれば、やがて実を結ぶきっかけとなりますよ。

まとめ

子供を望む方にとって、なかなか授からない状況は大変かと思います。

一度気持ちが荒れてしまうと、小さなことでイライラして結婚生活にも影響が出るかも知れません。

もしブライダルチェックがまだなら、一度検診をうけてお医者様のアドバイスを受けましょう。

夫婦間で話し合って気持ちを確かめたり、時には情報をシャットダウンしてお休みすることも大切です。

心も体もすこやかな状態で妊活をすすめて、やがて来る素敵な我が子をお迎えしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました