お正月の国内旅行の「穴場」スポットをご紹介!

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





今年もお正月旅行のシーズンが近づいてきました。「お正月は暖かいところですごしたい…」「久々に遠出したいけど、沖縄は混みそう…」という方も少なくはないのでは?

確かに沖縄は再び観光客が増えてきているという情報もあるし、お正月にかけては観光地にはお客がもどってくるかも。そんな時にオススメしたいのが鹿児島県の「与論島」です。

与論島は沖縄本島までわずか23kmの近さで、車であれば40分で周れてしまう小さな島。秋〜冬は天気が安定しにくいですが、晴れればそこは島時間がのんびり流れる南国です。

さらに沖縄と鹿児島の文化が混ざった独特の風土はまさに「穴場」な島なんです。お正月は人混みを避けて、与論島でのんびり…なんて過ごし方も良いですよね!

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





与論島ってどんな島?

与論島は鹿児島県の一番南にある人口5000人ほどの島です。その一番の魅力はやっぱり「海」。

「ヨロンブルー」というわれる程に青く透き通った海は世界での屈指の青さ。グルメは沖縄の影響が色濃く出ていますが、鹿児島の郷土料理やお酒もあったりして、一味違った部分も楽しめちゃいます。

お正月でも海に入れるの?

与論島の一月の平均気温は17℃弱です。東京の平均気温が約10℃なのを考えると、南国だけあってかなり暖かいですよね。

とはいえ、やっぱり真冬の海には変わりません。夏と同じ水着で海に入るのはさすがに無理でしょう。

ただ、ウエットスーツを着ればダイビングはできます(でも寒いですが…)。海に入れない代わりに海釣りができたり、時期があえば「いざり」という潮干狩りのような名物のイベントがあったりします。

与論島の一番の観光スポットは?

与論島の一番の観光スポットといってもいいのが「百合が浜」。これは大金久(おおがねく)海岸の沖合い1.5kmに現れる砂浜のことです。

ただいつもは水面下にあるので、旅行の滞在中に遭遇できたらラッキー!くらいのレア度です。更に冬の方が出現確率は低いんです。

遭遇できたときのその浜の白さはまさに奇跡のスポット。インスタ映えも半端ない景色です。

冬の期間だと海岸からはグラスボートで行くこともできます。百合が浜の出現予想日時は地元のマリンスポーツの専門店でお問い合わせください。

住所 鹿児島県大島郡与論町古里の沖合約1.5km

駐車場 有り(無料)

電話番号 0997-97-5151(ヨロン島観光協会)

初詣スポットはある?

与論島はコンパクトな島ながらも、地元の人が初詣に訪れる神社もちゃんとあります。海を見ながらの初詣も、いつもと違ったお正月気分を味わえますよね!

◎琴平神社

高台にあるので与論島の景色が一望できます。敷地内にはサザンクロスセンターという施設もあります。

ここの5階はパノラマ展望台で、1~4階は与論島の歴史や文化の展示が行われています。

住所 鹿児島県大島郡与論町立町3308

電話番号 0997-97-3111

駐車場 有り(無料)


◎アジニッチェー神社

与論島が琉球国になる前に与論島を治めた伝説の英雄「アジニッチェー」が祀られている神社。アジニッチェーの頭骨や遺品が奉納されています。

アジニッチェーは武術に長けていたので勝負事にご利益があるといわれてるといわれています。

住所 鹿児島県大島郡与論町朝戸522

電話番号 0997-97-3611

駐車場 有り(無料)

与論島のグルメは?

お正月の旅行なら島のグルメも楽しみたいところ。

与論島は沖縄に近いこともあり、沖縄料理の影響が色濃いですが、「もずく蕎麦」「鶏飯(けいはん)」といった与論島ならではのグルメも味わうことができます。

◎和風郷土料理レストラン ぴき

与論島のリゾート施設「プリシアリゾート」内にあるレストランです。宿泊していなくてもレストランの利用だけも可能です。

メニューの数も豊富で与論島グルメの王道はここ!といってもいいですね。

住所 鹿児島県大島郡与論町立長358-1

電話番号 0997−97−5060

定休日 年中無休

営業時間 18:00~21:30


◎青いサンゴ礁

空港近くにある食堂です。店内もレトロな雰囲気で地元感をたっぷり味わえるし、窓際の席は海を一望できます。

「もずくそば」「鶏飯」「黒豚餃子」などの与論島グルメがボリュームたっぷりで食べられます。

住所:鹿児島県大島郡与論町大字立長637-1

電話番号:0997-97-3599

定休日:年中無休(不定休)

営業時間  10:00~19:00

与論島に泊まるならどこがオススメ?

◎プリシアリゾートヨロン

与論島での宿といえば、まずオススメなのが「プリシアリゾートヨロン」。海に面した広大な土地に、たくさんのコテージタイプのお部屋が点在しています。

白と青を基調にした建物は、与論島の景色とぴったりでまさにリゾート気分を味わえます。また施設内には売店や先ほど紹介したレストラン「ぴき」等もあり、数日間滞在するのにもとても便利です。

朝食はバイキングも選べて、和洋問わずに与論島のグルメが満載で用意されています!

住所 鹿児島県大島郡与論町立長358−1

電話番号 0997-97-5060

駐車場 有り(無料)

送迎 与論空港より無料送迎あり


◎ヨロン島ビレッジ

もう一つオススメしたいのが「ヨロン島ビレッジ」。2007年に公開された映画「めがね」の舞台でもあります。

「リゾート感」あふれるプリシアリゾートヨロンと比べると、こちらの宿は看板犬もいたり和室もあったりと落ち着いた雰囲気でしょうか。敷地内でのレストラン「たら」では日替わりのコースメニューが食べられます。

プリシアリゾートヨロンとどちらにしようか迷ってしまいますね!

住所 鹿児島県大島郡与論町茶花2904−6

電話番号 0997-97-4601

駐車場 有り(無料)

送迎 与論空港より無料送迎あり

与論島へのアクセス方法は?

与論島への行き方は沖縄県の那覇からが行きやすいです。飛行機でもフェリーでも行くことができます。

◎飛行機でのアクセス

那覇空港から出向している「琉球エアコミューター」という飛行機が出ています。所要時間は40分程です。


◎那覇港からフェリー

那覇空港からタクシーで5分ほどの近場にある那覇港からも与論島行きのフェリーがでています。こちらは所要時間5時間と、飛行機と比べて時間がかかってしまいますね。

まとめ

というわけで今回は、お正月旅行にオススメな「穴場」スポットの与論島のご紹介でした。東京からはやっぱり遠くは感じますが、温暖な気候でゆっくりとした島時間をあじわうお正月も良いですよね!

お正月旅行で穴場スポットを探すときに参考にしてみてくださいね。それではここまで読んでいただきありがとうございました。

▼関連記事 お正月は温泉でゆっくりしたい人にオススメな国内旅行ツアー3選!

▼関連記事 お正月の旅行先の中で、関東の知られざる穴場は?

▼関連記事 お正月の海外旅行で安い行先3選を選りすぐってご紹介!

▼関連記事 お正月の国内旅行先で暖かいスポットをお探しの方に!

タイトルとURLをコピーしました