出産時の立ち会いが制限!?コロナ禍で出産・子育てはどう変わった?

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





日本でも新型コロナ感染者が大幅に増え、私たちの生活は大きく変化しました。出産や子育ても大きな影響を受けています。例えば、出産の立ち会いや親族の面会ができなくなりました。

では、現在の出産の立ち会い事情はどうなったのでしょうか?現在では、徐々に条件付きで出産の立ち合いを再開する産婦人科も増えてきたようです。

しかし、まだまだ以前とは違う形での出産や子育てが続いている状況です。そこで今回は、出産立ち会いはどう変わったのか、また他にも出産などに関してコロナの影響を受けた点を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





立ち会いなし?一人で産むの!?妊婦の不安と安堵

ウイルスや病気に特に気をつけなければならない妊婦や生まれたばかりの赤ちゃん。コロナが流行しているこのご時世、産婦人科も敏感にならざるを得ません。

それで一時期、出産の立ち会いを夫でも禁止する産婦人科が増えました。つまり、妊婦さんは1人で陣痛や子供の誕生を迎えることになったのです。

多くの妊婦さんが、「夫がいないと心細い」「1人で陣痛に耐えられるのだろうか」「上の子供に命の誕生を見せたかった」などの思いを抱えながらも出産しました。

また、父親が出産に一緒に付き添うことで子育てへの意欲が生まれることを期待しているお母さんたちは、今後の子育てに響かないか心配だったようです。

出産はいつ何が起きてもおかしくない現場ですから、夫や家族のほうでも見守りたいと思っていた方はいたことでしょう。

さらに飛沫によるコロナの院内感染を防ぐため、一部の産婦人科などでは分娩時にマスクをしなければいけなかったようです。妊婦さんにとっては二重苦でしたね…。

一方、もともと家族に出産を見られることに抵抗を感じていて、立ち合いを断る正当な理由ができてほっとした妊婦さんもいたようです。

確かに、出産経験者だと、気が利かない家族がいることで逆にイライラしたとか、気が散ったと感じたことがある人もいるようで…。

立ち会いなしという状況は、人によってメリットもデメリットもあったようです。では、現在でも出産の立ち合いは誰もできないのでしょうか?

緊急事態宣言解除後は出産の立ち会いができるようになった?

日本では、5月25日に緊急事態宣言が全国的に解除されました。それから数か月経った現在(2020年10月)、一時期は夫や家族の出産立ち会いを禁止していた産婦人科などでも、制限付きで再開し始めました。

感染者が多い地域かそれとも少ない地域かによって対応は違うようです。一部の産婦人科の制限の例を挙げてみましょう。

・陣痛室までの付き添いは夫・家族のうち一人までで交代はなし / 立ち会いは禁止

・立ち会いは夫のみ / 夫は発熱などの症状がないこと

・立ち会いは夫のみ / 夫は抗体検査で陰性であることが必要

・立ち会いは夫のみ / 夫は東京や大阪など指定された都道府県への出張・旅行から帰宅して2週間経っている

・立ち会いは夫のみ / 夫は産婦人科のある都道府県に来てから2週間経っている

こうして見ると、産婦人科でも細かく条件が違うことが分かります。しかし、立ち会いを再開した所では、ほぼ夫だけが許可されているようです。

出産前後も色々な制限あり!?

これまで出産の立ち会いに関する制限について紹介してきましたが、実は産婦人科によっては出産前後にも色々な制限を設けている所があります。

例えば、一部では妊婦の検診に付き添うことは禁止になっています。お腹の赤ちゃんが動いている様子を家族と一緒にみるということもなかなか難しくなっていますし、不安なときも一人で行かなければなりません。

また、妊婦が入院している間は、家族(夫も含む)の面会を禁止する所もあります。産後で疲れていても家族に頼ることができず、せっかく赤ちゃんが生まれても直におひろめすることもできないのです。

でも、この際だから貴重な母子みずいらずの時間を過ごそうとポジティブに考える人もいるようです。今ではビデオ通話で様子を伝えることもできますね。

このように、コロナ禍では事前に出産に関することを良く調べておく必要があります。最近では、こうした制限があることや、胎児への影響を心配して子供を作ることを控える人が増えているみたいです。

コロナ禍での出産・子育てのメリットって?

ただでさえ大変な出産はコロナ禍ではもっと大変だと思います。しかし、こんな状況だからこそ子供を産んで良かったという声もあります。

例えば、夫がリモートワークで普段より家にいる時間が増え、家事をたくさん手伝ってくれたということがあったようです。産後も、夫と二人で赤ちゃんの世話をすることができて良かったという人もいました。

また、妊婦自身もリモートワークになって良かったと感じることが多いようです。産後にたくさん親族や友人が来て疲れるということも避けられるかもしれません。

このように見方を変えれば、コロナ禍での出産・育児のデメリットだけではなく、メリットも見つけることができます。

まとめ

コロナの影響で色々な変更がある中で、出産するのは本当に大変なことだと思います。ぜひこの記事を参考にしてみてください!

▼関連記事 全国の子育て支援が手厚い自治体を紹介!おトクな街【5選】

タイトルとURLをコピーしました