スポンサーリンク

買ってはいけないミシンはどんなミシン?

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

カバンや洋服を作るのに欠かせない家電に、ミシンがあります。

子供の小学校入学をきっかけに、ミシンが欲しくなった方もいるかも知れません。

 

ミシンはあると便利な一方で、毎日使わない人も多い家電です。

また機能や価格にばらつきがあるため、高かったのに使わないとなると損をしてしまいます。

 

そこで今回は、あなたが「買ってはいけないミシン」について、機能と価格別に紹介します!

 

スポンサーリンク

マイミー MEH-10は使うと不満が見えてくる

 

電動式の小型ミシンの中には、5000円以下で購入できる商品があります。

最低限の機能だけがほしい人や、小さいミシンを探している人にはぴったりです。

 

5000円以下のミシンですと、マイミーのMEH-10が3000円前後で人気の商品です。

丸みを帯びた形が可愛く、重量も約700gと軽いので小学生向きでも有ります。

また電源にコンセントと電池が選べるので、どこでも縫い物ができるのも便利です。

 

直線縫いができればいい人にとって、マイミー MEH-10は理想的なミシンではあります。

しかし薄い生地しか縫えないため、一歩進んだ縫い物をしたくなった時に不満が残ります。

 

生地に関しては、デニム生地などの厚手だと縫い目が飛ぶという意見が有りました。

裾上げなどで生地を三つ折りにした時に、きちんと縫えるかどうかも不安が残ります。

 

安くて簡単なミシンを探しているなら、マイミー MEH-10は選択肢に入ります。

しかし色々縫い物を楽しみたいなら、マイミー MEH-10は買ってはいけないミシンです。

 

JANOME コンパクト電動ミシン JA525はパワー不足

 

ジャノメミシン(JANOME)は、日本のミシンメーカーでよく名前が知られています。

主に手芸店や直営店で販売していることが多く、家電量販店では見かけないかも知れません。

 

ネット通販などで見かけるジャノメ製品の中で、一万円以下で買えるのがJA525です。

横幅約29センチ・重量約2キロと持ち運びしやすく、白地にワンポイントで赤いデザインは可愛いです。

またジグザグ縫いや返し縫いスイッチもあり、基本的な縫い物は一通りこなせます。

 

国内メーカーのミシンという安心感がある一方で、やはりこの機種もパワー不足です。

厚手の生地だと縫えないことがあり、薄手の生地専用と割り切ると安心です。

 

有名メーカーで一万円以下のミシンを買いたいなら、JA525はおすすめです。

しかし厚手の生地が縫えない欠点は意外と大きいので、あえてジャノメのJA525を買う必要はありません。

 

アックスヤマザキ 子育てにちょうどいいミシンはフットペダルがない

 

ミシンといえば同じようなデザインで、色も白が多く古臭い印象があります。

もしおしゃれで手頃なミシンがほしいなら、アックスヤマザキはおすすめです。

 

なかでも「子育てにちょうどいいミシン」は、11,000円という価格も手頃なミシンです。

横幅29cm・重量2.2キロというサイズは、小さいミシンを探している人にもぴったりです。

色は黒く余計な模様もなく、北欧テイストの部屋に置いても違和感がありません。

 

機能は直線縫いとジグザグ縫いができる上、デニム生地4枚を重ねて縫える力強さもあります。

またQRコードから動画で使い方を確認できたり、スマホスタンドが付いているのは現代らしいミシンです。

その他には別売りの裁縫キットを使えば、名前やイニシャルの刺繍縫いも可能です。

 

ただし「子育てにちょうどいい」という特徴からか、このミシンにはフットペダルがありません。

そのため手元でスイッチを入れることとなり、両手が開かなくて縫う時に失敗しやすくなります。

 

「子育てにちょうどいい」という名前の通り、このミシンはちょっとした縫い物にちょうどいいミシンです。

それだけにフットペダルがないという点は、気になる方にとってはマイナスとなってしまいます。

 

ジューキ HZL-28/HZL-40はうるさい

 

ジューキは工業用ミシンを多く作っているメーカーで、厚手が縫えるミシンに定評があります。

特に一万円台で買える「HZL-28/HZL-40」は、この価格で厚手も縫えるパワフルさが魅力的です。

HZL-28はダイヤルが黒、HZL-40はダイヤルがピンクという違いがあり、色で選べるのもうれしいです。

 

サイズは横幅38センチ・重量約6キロとやや重めですが、作業中に動かない安定感があります。

自動糸通し機能や手元ランプもあるため、使いやすさにも定評があります。

 

デニム生地もしっかり縫えるこの機種は、モーター音が大きい欠点があります。

ミシンはどうしても音が大きくなりますが、あまり静音にこだわっていない機種と言えます。

そのためマンション・アパート暮らしの人や、夜にミシンを使いたい時に困ってしまいます。

 

その他にはフットペダルはオプションとなるため、購入するときには注意が必要です。

 

低価格でデニムも縫える力強いミシンがほしいなら、HZL-40/HZL-28はおすすめです。

しかしできるだけ静かにミシンを使いたいなら、HZL-40/HZL-28を買ってはいけません

 

ブラザー PS202/PS203は物足りない

 

低価格のミシンは、縫う早さを自分で調整しないといけない「電子ミシン」がほとんどです。

一方で「コンピュータミシン」は縫うスピードや縫い目を自動調整してくれますが、価格は高くなります。

 

コンピュータミシンで安いものを探すとなると、ブラザーのPS202/PS203がおすすめです。

2万円台前半という価格は、コンピュータミシン全体でも最安値と言ってもいい価格です。

色はPS202がピンク系で花模様付き、PS203はブルー系で花模様付きとなります。

 

PS202/PS203は下糸通しが簡単で、針への糸通しも3ステップでできるのがとても便利です。

縫うスピードも設定が可能で、最初はゆっくり縫い始めるので思わぬ事故も防げます。

 

コンピュータミシンならではの機能としては、液晶ディスプレイで縫い目や模様が選べます。

問題があれば音でお知らせしてくれますし、縫い目の幅もボタン一つで調整が可能です。

 

コンピュータミシンの基本が抑えられているPS202/PS203ですが、いくつか不満ものこります。

例えばディスプレイは小さめで、必要最低限の情報しかわかりません。

また刺繍はやボタン付けといった、コンピュータミシンで出来ることがこのミシンではできません。

 

その他にはフットペダルは別売りなので、追加購入すると合計3万円近くになります。

 

初めてミシンを買う人で、コンピュータミシンを探しているならPS202/PS203はおすすめです。

ですが多機能で高性能なコンピュータミシンがほしいなら、ブラザーのPS202/PS203はやめましょう。

 

まとめ

 

ミシンはしっかり布を縫えるため、特に子供のいる家庭では一台あると便利です。

またマスクなどの小物やカバンを作るときにも、ミシンがあれば短時間で作ることができます。

 

高いものだと40万円以上の商品もあるミシンですが、初めて買うなら5万円以内のもので大丈夫です。

ただし安いミシンはパワーが足りなかったり、出来ることが少ない点は覚えておきましょう。

 

ミシンを買うときはどんな使い方をしたいのかを理解し、あとで後悔しないものを選びませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました