スポンサーリンク

入学式に参加する時の髪色は?黒以外はだめ?

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

小学校の入学式は、子供が新しい世界へ向かう第一歩となります。

入学式はフォーマルな場ですから、大人はきちんとした姿で参加することが求められます。

フォーマルな場ではそれなりのヘアスタイルも求められますが、気になるのが髪色です。

おしゃれで染めた髪でも大丈夫なのか、今からでも黒く染めた方が良いのか気になりませんか?

そこで今回は、入学式にふさわしい髪色について紹介します!

スポンサーリンク

入学式にふさわしい髪色は

小学校の入学式では、フォーマルスーツやアンサンブルなどで参加します。

髪型もフォーマルな装いにあわせ、きちんと感が出るヘアスタイルにする必要があります。

髪色に関してですが、必ず黒である必要はありません。

元々黒髪でない方もいますし、染めた髪で参加してもマナー違反とはなりません。

ただしフォーマルスーツに合わないような、派手な色合いは避けるべきです。

目立つ色でメッシュを入れていたり、何色にも染め分けた髪は入学式前に染め直す事をおすすめします。

単色の髪色でもフォーマルスーツに似合わない色なら、入学式にふさわしくありません。

入学式は子供が主役ですから、親が目立ってしまう髪色は染め直して落ち着かせましょう。

茶髪・金髪は染め直したほうがいい?

普段からおしゃれや白髪対策として、髪を明るく染めている方も多いかと思います。

特に明るい茶髪や金髪に染めている方は、入学式前に染め直した方が良いか悩むかも知れません。

改めて書きますが、フォーマルスーツと合わせてみて浮くような髪色なら、染め直す事をおすすめします。

自分で判断が難しいなら、ママ友・年上の知人に見てもらって判断するとより安心です。

髪を染め直す場合ですが、脱色した髪は黒に染め直すのは難しいです。

また自分で染め直そうとするとうまく染まらず、髪がいたんでパサパサになってしまうことがあります。

スプレーなどで一日だけ黒髪にする方法もありますが、ムラが出やすいためあまりおすすめできません。

明るすぎる髪を染め直すなら、美容師さんに相談するのが確実です。

フォーマルに合せた落ち着いた色にしたいと言えば、髪をいたわりつつあなたに似合う色を選んでくれます。

染めるタイミングですが、入学式の10日ぐらい前を目安にしましょう。

あまり早すぎると根本と毛先の色が違う、「プリン頭」状態になってしまうからです。

直前でも良いのですが、他の準備で忙しくなり、時間がとれない可能性もあるので注意しましょう。

子供も一緒に美容師さんに切ってもらえば、親子で入学式の準備にもなります。

女の子はかわいく、男の子はかっこよく仕上げてもらえば楽しい一日がすごせますね。

お手入れでフォーマル向きなツヤ髪に

染めた髪でも黒髪でも、お手入れが行き届いていないとだらしない印象につながります。

特に脱色した髪はパサつきやすく、特に毛先は痛みやすいため注意が必要です。

もし可能であれば入学式までの間に、いつもよりも少しヘアケアをがんばってみませんか?

例えばいつもの洗髪のあとに、洗い流さないタイプのトリートメントをつければ髪に栄養が行き届きます。

ドライヤーの最後に冷風を少し当てれば、髪のツヤ感もアップします。

明るめの茶髪でもツヤ感があると、フォーマルな場でも落ち着いた印象になるのでがんばりましょう。

濡れた髪のまま寝ない、こまめにブラッシングを行うなど、毎日続けられる髪のお手入れも沢山あります。

仕上げとして入学式前に美容室へ行き、いたんだ髪を切ってすっきりきれいな髪に仕上げましょう。

髪色が目立ちにくいアレンジヘアは?

ショート・ミディアムヘアの方は、空気を含んだようなふんわりヘアを目指しましょう。

明るい髪色でも爽やかな印象となり、フォーマルスタイルにもよく馴染みます。

肩ぐらいまでのミディアムヘアなら、ゆるく髪を巻いた上でハーフアップにするのもおすすめです。

こちらもふんわりヘアを意識すれば、上品な印象にまとまります。

ミディアム・ロングヘアなら、一つ結びにすると落ち着いた印象になります。

きっちり結ぶのではなく、トップにボリュームを出してふんわりと結びましょう。

こちらもゆるく髪を巻いてから結ぶと、柔らかな雰囲気となって入学式にぴったりです。

髪を結ぶときは黒のゴムで結んでから、バレッタなどの髪留めをプラスします。

光を反射するゴールドや宝飾がついたものは避け、パールや造花がついた上品なものを使いましょう。

いずれのヘアアレンジも、アイロンやカーラーでふんわり巻き髪にしてあげるとより効果的です。

毛先にオイルを軽く入れてからカールすれば、髪のいたみも防ぎつつしっとり仕上がりますよ。

まとめ

入学式でのママコーデは、他のママからもチェックされています。

場にふさわしくないコーデや髪色ですと、後々のお付き合いでつまづくかも知れません。

入学式での髪色は、よほど派手な色でなければ大丈夫です。

お手入れでしっとりツヤ感のある髪に仕上げ、フォーマルに似合う髪型で参加しましょう。

明るい髪色でもフォーマルに合う、きちんと感のある髪型であればマナー違反とはなりません。

髪のきれいなママに仕上げて、子供の入学式に参加しませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました