スポンサーリンク

niptを大阪で受けるならどこ?安いところが知りたい!

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

※この記事は2021年4月13日に追記しました。

妊娠10週から受けられる検査に、nipt(新型出生前検査)があります。

niptは染色体異常による、先天性疾患などがわかる検査です。

前もって赤ちゃんの状態や性別がわかるniptですが、費用は全額自己負担となります。

何かとお金が必要になる妊娠・出産ですし、出来れば価格を抑えてniptを受けたいですよね?

そこで今回は、niptを行う大阪のクリニックで安い所を中心に紹介します!

スポンサーリンク

niptはどういう検査?

niptは妊婦から少量の血液を採取し、中にあるDNAを調べることで赤ちゃんの染色体異常を調べます。

来院は1回~2回で、採血方法も含めて母体に負担がないメリットがあります。

検査の精度はとても高いですが、陽性反応が出た場合は確定検査として羊水検査が必要になります。

羊水検査は母体に負担がかかる方法ですが、より精度が高い検査方法です。

ただし費用に関しては、niptと同様全額自己負担となります。

niptはクリニックによって、かかる費用や検査が出来る範囲が違います。

また追加検査の費用は病院負担となったり、一定金額を補助するクリニックもあります。

その他にはカウンセリンが受けられたり、検査結果の通知の早さなどの違いもあります。

大阪で安くniptをうけるならヒロクリニック

ヒロクリニックnipt大阪駅前院

住所:大阪府大阪市北区芝田2-6-30 梅田清和ビル7階

診療時間:木~日 10:00~18:00

結果通知:2日~7日(ウェブ上で確認)

検査費用:50,000円~265,000円(税抜)

追加検査費用:最大20万円まで負担(条件あり)

ヒロクリニックniptは、niptを専門に行うクリニックです。

最大の特徴は、5万円から検査が受けられる点です。

5万円プランの内容は、22番まである染色体のうち、一つだけ検査できるものです。

染色体異常による先天性疾患は、特定の染色体異常が原因となります。

例えばダウン症の場合は21番染色体、バドウ症候群は13番染色体の異常が原因となります。

そのため気になる染色体一つだけの検査でも、自分にとって必要な結果を出すことが可能です。

その他のプランとしては、11番・13番・21番染色体を検査する9万円のプランも用意されています。

性別判断もできるプランは12万円からと、希望する検査に合わせてプランが選べるのも便利です。

妊婦検診と一緒に受けたいなら神道レディースクリニック

神道レディースクリニック

住所:大阪府門真市向島町3−35 ベアーズB棟2F

診療時間:火~木・土日 9:30~13:30 24:30~18:00 金曜日 9:00~13:00

検査費用:20,000円(オプション扱い)

追加検査費用:患者負担

妊娠が判明し、病院選びに悩んでいるなら、神道レディースクリニックがおすすめです。

神道レディースクリニックは、美容外科と産婦人科を受け持つクリニックです。

美しさにこだわっているため、素敵な空間で妊婦検診が受けられます。

また妊婦検診のみのセミオープンシステムのため、出産の際は別の病院を紹介してもらえます。

神道レディースクリニックのniptは、妊婦検診のオプションとなります。

そのため価格が2万円と格安ですし、いつもの検診と一緒に採血を済ませることも可能です。

また金曜日は女性医師が担当するため、男性医師だと不安な方にもぴったりです。

結果通知の早さや陽性反応が出た際の補助に関しては、不明な点もあります。

気になるなら確認し、検診のためのクリニックとして利用しませんか?

その他のクリニックは?

大阪でniptを扱うクリニックは、他にも複数あります。

コスモメディカルクリニック

住所:大阪府大阪市中央区南久宝寺町2-1-9船場メディカルビル8F

診療日:土曜日・第1・第3日曜日(予約制・変動あり)

結果通知:10日前後(メールで通知)

検査費用:138,000円/158,000円(税抜)

追加検査費用:最初の検査費用分まで負担

コスモメディカルクリニックは、皮膚科をメインとしたクリニックです。

niptは基礎検査の13万8千円のプランと、全染色体が調べられる158,000円のコースがあります。

また支払いにクレジットカードが利用できるので、ポイント還元出来るカードですとお得に利用できます。

万が一追加検査となった場合は、最初の検査費用分の金額が負担されます。

コスモメディカルクリニックでは羊水検査は行いませんが、検査を行う病院の紹介をしてもらえます。

かかりつけ医で羊水検査を行っていない場合は、紹介してもらうと安心です。

NIPT JAPAN

診療日:クリニックにより異なる

結果通知:10日前後(郵送またはデータのダウンロード)

検査費用:150,000円/160,000円/180,000円(税抜)

追加検査費用:最初の検査費用分まで負担

NIPT JAPANは全国の医療機関と提携し、niptを受け付けています。

コースは3種類あり、15万円のコースは3種類の染色体と性染色体を検査するプランとなります。

陽性反応が出た場合は、最初の検査費用分の金額が負担となります。

オプションでカウンセリングも受けられるため、納得した上で検査が受けられます。

NIPT JAPANと提携している大阪のクリニックは、現在21軒となっています。

診察時間や雰囲気から、自分に合うクリニックを選びましょう。

休診日:無し

大阪府大阪市北区曽根崎2-15-29ADビル梅田9F

休診日:水、日、祝日、年末年始はHPでお知らせ

大阪府大阪市北区堂島2-3-9SURE堂島ビル8F

休診日:年始

大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20桜橋IMビル4F

休診日:祝祭日

大阪府大阪市北区梅田1-12-6イーマ4F

休診日:年始

大阪府大阪市北区梅田2-1-21LEI’S UMEDA 4F

休診日:年末年始

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-1-10キュープラザ心斎橋5F

休診日:日祝

大阪府大阪市中央区南船場4-7-6心斎橋中央ビル6F

休診日:年始

大阪府大阪市中央区南船場4-5-8ラスターオン心斎橋9F

休診日:日、祝日

大阪府大阪市西成区岸里東1-8-11

休診日:水・土・日・祝日

大阪府大阪市中央区大手前3-1-43ホテルプリムローズ大阪3F

休診日:

日、祝日、木曜午前、土曜午後

大阪府大阪市中央区今橋1-7-19北浜ビルディング10F

休診日:月、木

大阪府大阪市天王寺区上本町6-9-21FUSION+7

休診日:木、日、祝日 および 月・水・土陽の午後

大阪府大阪市平野区加美南5-6-7

休診日:月、金、年末年始はHPでお知らせ

大阪府大阪市福島区吉野5-11-22

休診日:月、祝日、年末年始はHPでお知らせ

大阪府泉佐野市高松東1-10-37泉佐野センタービル1F

休診日:水・日・祝

大阪府堺市堺区北瓦町2-3-25KMビル堺東3F

休診日:水、木、祝日

大阪府吹田市豊津町11-39江坂クリスタルビル4F

休診日:木、日、祝日

大阪府豊中市新千里東町1-1-3SENRITOよみうり3F

休診日:水、日、祝日、土曜午後

大阪府東大阪市長堂1-5-6布施駅前セントラルビル2F

休診日:年末、お盆診療あり(12/31は午前診のみ) 正月(1/1〜1/3)以外、年中無休。

大阪府枚方市長尾台2-1-26

上記クリニック情報は、NIPT JAPAN 公式サイトの情報を参照・引用しました。

NIPT JAPAN

まとめ

niptを行うかどうかは自由で、不安がなければ行わなくてもいい検査です。

しかし検査を行うことで子供の健康状態がわかりますし、性別を知ることもできます。

niptは全額自己負担の検査となるため、どうしても費用が掛かってしまいます。

これからかかるお金のことを考えるなら、価格で選ぶのも一つの方法です。

クリニックの選び方は様々で、どれを基準にしたらいいのか悩むかも知れません。。

もし大阪でniptを受けようと考えているなら、価格も選ぶ基準にしてみませんか?

 実際にNIPTを受けた私達が、東京のNIPT認可外クリニックを比較します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました