スポンサーリンク

入学式で身につけるアクセサリーのマナーは?ダメなものはなに?

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
入学式の母親のアクセサリーは?

子供の入学式は、お母さんにとっても晴れの日となります。

きちんとしたフォーマルスーツで、お子様の入学式をお祝いしたいですよね。

フォーマルな装いにはアクセサリーが欠かせませんが、入学式にふさわしいものはあるのでしょうか。

気が付かずにマナー違反の装いとならないためには、どんな点に注意すべきなのか気になります。

そこで今回は、入学式のアクセサリーのマナーについてと、アクセサリーごとのポイントを紹介します!

スポンサーリンク

入学式でつけて良いアクセサリーは?

入学式でつけて良いアクセサリーは?

小学校の入学式は、日中に行われる行事です。

そのため光が反射しやすいアクセサリーは、マナー違反となってしまいます。

具体例をあげると、反射しやすい金やダイヤを使ったアクセサリーは、入学式には避けましょう。

入学式は子供が主役のため、親が目立ってしまうようなアクセサリーもマナー違反です。

大きな宝石がついた、作りが派手なアクセサリーもマナー違反となります。

指輪に関しても、結婚指輪以外のリングは身に着けないことをおすすめします。

宝飾系のアクセサリーを身に着けたいなら、真珠を使ったものを身に着けましょう。

ネックレス・イヤリング・ピアスなど、どれも落ち着いた印象でフォーマルスーツによく合います。

宝飾以外のアクセサリーを身につけるなら、花をイメージさせるコサージュを特におすすめします。

お花はお祝いのイメージにつながりますし、身につけるだけで華やかな印象となります。

アクセサリーは何種類つけていいの?

アクセサリーはたくさん身につけたくなりますが、つけすぎは下品な印象につながります。

身につけるなら一つか二つに抑え、たくさん身につけるのは避けましょう。

一種類だけ身につけるなら、コサージュかネックレスがおすすめです。

二種類を組み合わせるなら、コサージュ・ネックレス・イヤリングから二種類を選びましょう。

アクセサリーは事前に服と一緒に身に着けて、派手さがないかを確認します。

もし派手さが気になるようなら、一つだけにしたり他のアクセサリーと交換しましょう。

コサージュの色でマナー違反となるものはある?

コサージュの色でマナー違反となるものはある?

コサージュは花をイメージした、トップスを飾るアクセサリーです。

素材は布でできた物が多く、中には生花や「プリザーブドフラワー」で作られたものもあります。

付ける位置は左の鎖骨あたりが基本となりますが、右側につけても問題はありません。

入学式用にコサージュを選ぶなら、白や淡い色合いのものがおすすめです。

赤やオレンジなどのはっきりした色合いですと、派手な印象となって目立ってしまうからです。

黒やダークカラーもお祝いのイメージから離れるため、なるべくなら避けましょう。

デザインに関しても、スパンコールなど余計な装飾がついたものはマナー違反となります。

上品な素材でシンプルなデザインのコサージュで、華やかさと落ち着きを両立させましょう。

ネックレスの色や種類で気をつけるポイントは?

ネックレスの色や種類で気をつけるポイントは?

首元を飾るネックレスは、できれは真珠を身に着けましょう。

真珠はどんなフォーマルの場でも使いやすく、特に白真珠は一つあると重宝します。

もし入学式用に購入を考えているなら、白真珠のネックレスをおすすめします。

白以外の真珠ですが、ピンクやグリーン系の淡いものなら入学式に身につけても大丈夫です。

ただし濃い色合いのものは光沢が目立つため、入学式向けではありません。

またブラックパールもお葬式向けの装飾となるため、入学式では避けましょう。

ネックレスの長さは服装似合わせて選びますが、基本は40センチ程度の首周りに合うものを選びます。

真珠のサイズが小さめなら二連でつけてもいいですが、基本は一連のデザインとなります。

真珠以外のネックレスを身に着けたい場合は、なるべくシンプルで小ぶりなものを選びます。

真珠一粒だけや小粒の宝石が一粒だけの、プラチナチェーンのネックレスがおすすめです。

イヤリング・ピアスで気をつけるポイントは?

イヤリング・ピアスで気をつけるポイントは?

イヤリングやピアスも装飾品の定番ですが、こちらも真珠をあしらったものをおすすめします。

ネックレスと合わせて同じ色の真珠を選べば、上品で統一感のある装いとなります。

デザインに関しては、台座に固定されているものが上品な印象になります。

ぶら下がって揺れるものもマナー違反ではありませんが、派手な印象となるので避けましょう。

真珠以外のイヤリング・ピアスは、輝きを抑えたムーンストーンがおすすめです。

どうしても輝きが気になるようなら、あえてつけないという選択も考えましょう。

アクセサリーをつけないとマナー違反になる?

アクセサリーをつけないとマナー違反になる?

フォーマルな装いには、ネックレスなどのアクセサリーを加えたくなります。

しかしアクセサリー類は、必ず身に着けないとダメ、というものではありません。

もし手持ちのフォーマルにアクセサリーが合わないときは、無理をして身に付けなくても大丈夫です。

また入学式向けではないアクセサリーしかない場合は、つけない方がマナーを守る形になります。

小さい子供と一緒に参加する場合、子供がネックレスやコサージュを引っ張る可能性もあります。

万が一の事故を防ぐ意味でも、アクセサリーは身に着けなくても大丈夫ですよ。

まとめ

入学式のアクセサリーに気を配りませんか?

入学式は子供の第一歩をお祝いする、特別な場です。

そのためフォーマルスタイルで参加し、失礼のないようにしましょう。

入学式で身につけるアクセサリーは、コサージュがおすすめです。

宝飾系なら白真珠を選び、派手さよりも落ちついた印象でまとめます。

入学式での母親の装いは、他の母親からもしっかりチェックされています。

マナー違反とならないように、入学式のアクセサリーに気を配りませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました