スポンサーリンク

冷凍食品のえびピラフ比べてみた!おすすめはどれ?

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

米類の冷凍食品と言えば、えびピラフ。

その中でも冷凍食品を扱ってる大手3社のえびピラフをご紹介、おすすめしていきます!

比較したのはニチレイフーズ『7種の具材たっぷり! えびピラフ』、トップバリュ『えびの風味にバターが香る えびピラフ』、味の素『具だくさん えびピラフ』の3社です。

結論から言うと、私の冷凍食品エビピラフのおすすめは、味の素の『具だくさん えびピラフ』でした!

その理由は後程詳しくご説明しますが、炊飯前にお米をバターで炒めるというこだわり製法にありました。

それぞれの商品についてご説明していきましょう。

スポンサーリンク

お米は全部国産米

これは、3社全てそうでした。 

特にニチレイフーズはこだわりの国産一等級だけを使用していて、粒が揃っているからご飯の美味しさが逃げず、ふっくら均一に炊き上がるそうです。

ニチレイフーズのこだわりの一つですね!

味はどう違うの?

ニチレイフーズはブイヨンの旨みとバターのコクはそのままに、さらに2種のアメリケーヌソースを使用してえびの風味をアップ。

鶏ガラ野菜からじっくり摘出した自社製チキンブイヨンを使用。

あっさりしているが、えびの旨みとバターの香りが際立つ仕上がりに。

トップバリューは、風味豊かなアメリケーヌソースとコクの深いバターで仕上げています。

具材の豊富さも満足度の高い要因です。

コーンも入っているので、お子様も喜ばれることでしょう。

味の素は炊飯まえにバターでお米を丁寧に炒めることで、米粒表面がコーティングされ、風味豊かになります。

香味野菜もバターで炒め、旨みを引き出します。

チキンと香味野菜の旨みたっぷりのブイヨンで炊き上げています。

じっくりと炊き上げるので、ふっくらでパラッとした仕上がりになりました。

アメリケーヌソースを使っていない割になんだかとっても手が込んで美味しそうな感じがしませんか?

味や具材の種類などは好みや家族構成などで左右されるので、なんとも言えない所です
が参考にしてみてください。

冷凍食品における安全性は?

お子様がいらっしゃるご家庭だと、安全性はとっても大切な所でしょう。

私も2歳の子供がいるので、冷凍食品やお惣菜など、適当に買ったりできません。

やはり農薬や添加物など、抑える所は抑えてほしいものです。

お米以外が外国産だと管理できているのか余計に心配しますよね?

それも3社かなり気を使われています。

ニチレイフーズでは中国産の冷凍野菜に使用する原料は、生産工場の自営農場、または契約農場で栽培されています。

栽培管理体制が徹底され正常に機能しているかの確認で、定期的に観察をし体制の徹底を図っています。

農薬についても、選定、購入、保管、使用を厳格に管理しています。

残留農薬についても、原料の収穫前、加工凍結後の半製品、輸入時の製品という3段階で行っています。

また、万が一問題が発生しても、製品パッケージにコード記号を印字し、追跡調査を可能としています。

トップバリューは製造委託先の工場は、品質面における工場調査とイオンサプライヤー取引行動規範監査を通じて確認。

安心安全な商品を製造できる工場のみ委託を決めています。

試作品は「お客様モニター」や従業員で評価し、原材料選定、添加物使用、製造工程を再評価します。

発売後も商品検査を定期的に行い、委託先の管理をしています。

海外産の原材料や商品を、日本の厳しい基準に合わせることで高品質の商品が出来上がるのです。

味の素は厳しい選定基準を満たした指定農場、食肉、野菜、魚介類の農場や養殖場の指定を行っています。

原料の採用時だけでなく、このガーリック状態が維持、継続されているかどうか現地へ行って定期的に監査しています。

残留農薬については、生産前に使用農薬含めた残留農薬分析を行い、分析結果が日本の基準が定めた基準値を満たしているかを確認し、問題ないものを使用しています。

このように、それぞれ徹底的に安全管理を行っていますので、小さなお子様からお年寄りまで愛される商品作りが可能となっているんですね。

価格と量は?セットで買えるの?

楽天市場調べでは、ニチレイフーズ450g370円が最安値、味の素450g399円が最安値、トップバリュについては、オンラインショップをされてるからか450g258円と大幅に安くなっています!

かなりの値段の差があるので、安さで選んでもいいかもしれませんね。

通販サイトではもちろんセット売りもあります。

冷凍庫に常にあっても困らないし、夏休みや旦那様の単身赴任などでまとめ買いをされる方も多いようですね。

冷凍食品のえびピラフは火を使わずレンジで作れるので、お子様だけでも作れて安心です。

私も小学生の夏休みはほぼほぼえびピラフでした。

母もパートに出ていたので、レンジで仕上げれるえびピラフは何かと重宝してたのでしょう。

現在は共働き世帯が多く、テレワークなどで旦那様もお家で仕事する機会が増えてきました。

こんな時代には特に、冷凍食品はありがたい存在ですよね。

これを機に、食べ比べしても楽しいでしょう。

その際には参考にしてみてください。

(ニチレイフーズ、トップバリュ、味の素それぞれのホームページから画像引用)

コメント

タイトルとURLをコピーしました