鼻周りの脂のぬるぬる、余分な脂を改善する方法

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





鼻周りのテカリでお悩みの方!

そのケア方法は正しいですか?


あなたのオイリー肌は少し

化粧品やケア商品、生活習慣を

見直すだけで改善できるかもしれません。


皮脂を放っておく紫外線などでの酸化や、

花粉やメイクの落とし忘れなどで悪化し、

炎症を起こしてしまう危険性もあります。


また、ターンオーバーが異常に早くなり、

バリア機能が弱くなることで

毛穴の開きにも繋がってしまいます。


こうした肌トラブルを回避するために、

是非とも過剰な皮脂分泌を抑えたいですよね。

今日は改善方法についてまとめていきますので、

オイリー肌でお悩みの方は是非実践してみてください。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





鼻の周り、脂のぬるぬる 食生活の乱れを整える

食事内容や摂取時間の乱れは、

肌トラブルの最も知られている原因です。


特に、甘いものや脂っこいもの、

そしてお酒は皮脂量が冷えてしまう原因になります。


オイリー肌の方は、野菜や果物を

食べるようにすることで、ビタミンB6、

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの

摂取をとるように意識しましょう。


また、粗食生活を意識的に行い改善した方もいます。

自分にとって必要なものと必要ないものは

何かを自分で判断できるようになることで、

維持にもつながるのだとか。


オイリー肌が改善すると、

大人ニキビができにくくなったり、

くすみなども解決できるようです。


粗食生活は、オイリー肌の方だけでなく

乾燥肌の方にも有効的です。体全体の健康を

意識して生活していきたいですね。


食生活の乱れは、肌だけでなく

健康そのものに影響しますので、

是非気をつけてくださいね。

鼻の周り、脂のぬるぬる ストレス発散をこまめにする

ストレスはホルモンバランスが

崩れる原因になります。


ストレスを抱え続けるとコンチゾール

というホルモンが血中に増加します。

このコンチゾールは男性ホルモン増加

につながり、皮脂の分泌を活気づけてしまうのです。


また、ストレスは内臓機能の低下につながるので、

食べたものがうまく消化されず、

オイリー肌の原因になると言われています。


ストレスを溜め込んでいいことは全くありません。

こまめなストレス発散はかかさずに行いましょう。

また、睡眠不足も新陳代謝を悪くしたり、

疲労回復効果をもつ成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。


睡眠はしっかりとりストレスと向き合い、

心地よい生活を心がけていきましょう。

鼻の周り、脂のぬるぬる メイクの落とし忘れをなくす

疲れた時は、メイクを落とさずに

寝てしまい次の日にクレンジングをしたり、

一部クレンジングし忘れたりすることってありますよね。


ですが、これも肌トラブルの原因です。

メイクを落とさずに寝ることは、

雑巾を顔に乗せて寝るのと同じくらい、汚いんです。


この汚れが肌への刺激物になり、

肌のバリア機能の低下につながってしまいます。

そうすると肌を守ろうと皮脂分泌を

過剰してしまうと言われています。


本来であれば、泡をたっぷり使って

肌に刺激を与えないように優しくメイクを

落としていくことが大切なのですが、

どうしても体が疲れていうことが

聞かない時って誰しもありますよね。


そういう時は、クレンジングシートで

化粧を落とすことは必ず行いましょう。

美容成分入りのものもあるので、

スキンケアが億劫なときは

最低限のことをやることをおすすめします。

鼻の周り、脂のぬるぬる まちがった方法の肌ケアを改善する

オイリー肌の方は特にやってしまいがちですが、

洗顔やピーリングのしすぎはとても危険です。


洗顔後は肌がさっぱりして

改善されたように感じますが、

洗顔のしすぎは顔の皮脂を

さらに過剰に分泌させてしまうのです。


皮脂を落とすことで乾燥すると、

外的刺激に耐えられない肌になってしまいます。

そうすると、さらに自分の肌は皮脂を

分泌しようとしてしまうのです。


また、ピーリングのしすぎは

毛穴の肥大化につながってしまいます。

ピーリング後は引き締め効果のある

化粧水や冷水を使うようにしましょう。

鼻の周り、脂のぬるぬる 適度な運動を心がける

もっとも継続するのが苦手な方が

多いのではないでしょうか。


私もきれいなモデルさんに憧れて、

ジムに通ってみたりしましたが、、

まったく続きませんでした。


しかし、運動することで新陳代謝が良くなります。

取りすぎたカロリーを燃焼することができますし、

筋肉を増やすことで基礎代謝があがり、

オーバーカロリーを防ぐことができます。


オーバーカロリーになると、

皮脂が過剰に分泌されてしまいますので、

運動を心がけていきたいものです。


続く自信がない方は、YouTubeなどにも

筋トレの仕方を載せている方がいますので、

ジムに行くのが面倒な人は家出できる運動を試してみましょう。

まとめ

今回はオイリー肌の方のための

改善方法についてご紹介させていただきました。


もちろん、皮膚科に行ったりエステに行ったり、

高い美容品を購入することで改善もできますが、

肌トラブルに関しては私生活を見直すことで、

改善できることもたくさんあります。


まずは、基礎的な部分を見直し、

自分本来が持った肌の基礎力を上げることが大事です。


できることからやってみてはいかがでしょうか。


→目の下のクマに悩んでいる人は、結構多いですよね。でも、なかなか改善方法は見つからないと思います。この記事「目の下のクマを消す方法をすぐに試してみよう!色タイプ別!」では、対処法を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました