2歳児に食べさせてはいけないものを知ってる?ママさんパパさん!!

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





2歳と言うと、走り出したり話し出したり・・・

離乳食も終わり親と同じ

食事をぱくぱくと食べたりと、

ママさんやパパさんにとって

は可愛いもののかなり

大変な時期ではないでしょうか?


食事に興味があり、

何でも食べるようになった今だからこそ、

気を付けてあげなければいけない事があります。

今回はそのことについてお伝えします。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





2歳児が食べてはいけないもの

2歳児が食べてはいけないものは・・・

生もの・のどに詰まりやすいもの・

加工食品・刺激の強いものです。

一つ一つ詳しく見ていきましょう!


◎生もの

これは文字通り、卵や刺身などの

火の通っていないものや半生のものです。


卵などはまだ内臓が

出来上がっていない為、

アレルギーが出る可能性が高いためです。


刺身なども免疫面で

心配なため避けたほうがいいでしょう。


絶対に食べてはいけないと

言う訳ではありませんが、

食べてしまった場合はアレルギーなどが怖いので

暫くは注意して様子を見守ったほうがいいと思います。

3歳以降まで食べさせるのは避けましょう。


生肉にかんしては大人になるまで

避けたほうがいいかもしれません。


◎のどに詰まりやすいもの

これはこんにゃく、団子、

餅、たこ、いかなどです。

離乳食も終わり食事に慣れてきたころで、

食べさせることが減り自分で食べ物を

口に運ぶことが増えてくる時期だと思います。


かといって目を離してはいけません!!


もちろん噛む、噛みちぎると言う事は大切ですが、

できるだけ一口サイズに切ったものを

渡すほうがいいかもしれません。


まだまだ食道も細く思っているよりも

喉は詰まりやすいです。


◎加工品

加工品は添加物なども少し心配ですが、

一番心配なのは味付けです。

子供の舌は繊細です。


子供の頃は味の薄いものを

食べさせるようにと育児本などに

書いてあると思いますが、

インスタント食品などは

大人が食べておいしいように味付けされています。

子供には少し味が濃く作られているのです。


食べさせるときは湯通ししたり、

少量だけを使うようにしたりと

工夫することが必要でしょう。


◎刺激の強いもの

これを食べさせている

親御さんは少ないのではないでしょうか?

ワサビ・からし・炭酸です。


これらはわかりやすいとは思いますが、

カフェインも刺激の強いものに含まれます


つまりコーヒーや紅茶、注意すべきは緑茶です。

お茶でもカフェインは多く含まれます。


良く店に売っている、

離乳食や子供用の飲み物として

麦茶が売っているのは

カフェインが含まれていないからです。


小さい子供に飲ませるなら

緑茶ではなく薄めた麦茶などのほうがいいでしょう。

うちの子が食べない!と不安なママさんやパパさんへ

2歳児の目安とされる食事量は

大人の3分の1~2分の1程度です。


うちの子あんまり食べない・・・

と不安思いをする親御さんは多いそうです。

しかし、これはあくまで目安であり平均値です。


子供の体の大きさにも違いがあります。

沢山食べる子がいて少ししか食べない子がいて、その平均値です。


元気であり、顔色が良ければ

不安になって無理やり食べさせる必要はありません。


むしろ、ここで無理やりに食べさせてしまうと、

食事に対して苦手な意識を持ってしまう

と余計に食べなくなります。

そんな時は、自分で自由に食べさせてみましょう!


もちろんのどを詰まらせて

しまうかもしれないので、

見守りや最低限の手伝いは必要です。


でも食事を口まで運んでやるのではなく、

一口大にちぎり一気に口に運ばないかを

注意して見守り、自分の好きなものを

好きなペースで食べると言う事をさせてあげましょう。


少し面倒ではあると思う事は

あると思いますが、食べる楽しさを知れば

自然と自分から進んで食べるようになります。


そしてこれもとても大切なことなのですが、

一緒に食事をするママさんやパパさんが

おいしく食べる様子を見せる事です。


子供の基準は基本的にママさんやパパさんです。

まずそうに美味しくなさそうに

食べているものを食べたいと思いますか?

思いませんよね?

大人だってそうなのに子供はもっとそうです。


大人が思っているよりも

ずっと子供は親の事をよく見ています。


美味しく食べていると、

苦手なものでもつられて

ぱくっと食べるなんてことも良くある話だそうです。


わざと少し大げさに“おいし~~

これ凄くおいしい!!!”と見せながら

食べると好き嫌いをなくすことが出来るようですよ?

ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

緑茶というのは少し意外でした・・・


言われてみれば離乳食品

売り場にあるのは麦茶ですね。


1歳未満の子供にはちみつが

ダメというのは有名な話ですが、

小学生になるまでは何を食べさせていいのか、

何を避けるべきなのかは

少し気を付けて見てあげてください


育児は大変だと思いますが、

毎日の食事は身体を作るうえでかなり重要なものです。


全国のママさんパパさん、陰ながら応援しています!!


→毎日料理をしていると、失敗することもありますよね。そんな時はリメイクの方法を覚えておくと便利です。この記事「チャーハンが失敗…でも大丈夫、リメイクして美味しくなります!」では、具体的な方法を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました