キッチンハイターでできる! 洗濯槽の掃除のやり方を解説します!

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





みなさんは、家の掃除をするときにどのような商品を使用していますか?

私はよく、キッチンハイターという商品を使用しています。

キッチンハイターは、花王株式会社が販売している、どこにでも売っているような人気商品です。

洗濯槽など普段なかなか掃除できないところはもちろん、まな板や布巾の殺菌・消臭にも使用することができます。

購入しやすく安価なため、定期的に家の掃除で使用するのにおすすめの商品ですね。

みなさんはキッチンハイターの正しい使い方は知っていますか?

そこで今回は、キッチンハイターの正しい使い方と、洗濯槽の掃除方法について紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





キッチンハイターの使い方(洗濯槽編)

キッチンハイターは名前の通りキッチンで使用するものというイメージですが、実は洗濯槽にも使用することができます。

わざわざ洗濯用のクリーナーを購入するよりも、家にあるもので代用したいですよね。

ここでは、洗濯槽でキッチンハイターを使用する方法について紹介します。

キッチンハイターを洗濯槽のクリーナー代わりにする場合は注意しなければいけないこともあるので、きちんとチェックしてください。

まず、キッチンハイターは塩素系の洗剤です。洗濯槽のクリーナーも塩素系なので、代用が可能です。

塩素系漂白剤は殺菌力・洗浄力が高いため、十分に洗濯槽クリーナーの役割を全うできるでしょう。

次に、お手入れ方法についてです。


①洗濯機の説明書を確認し、塩素系クリーナーが使用できるかどうかを確認する。使用できるクリーナーの種類は洗濯機ごとに違うのできちんと確認しましょう。


②「槽洗浄」のコースを選び、洗濯槽クリーナーの代わりにキッチンハイターを入れ、説明書の指示通りに操作する。


「槽洗浄」のコースがあれば、たったこれだけで洗濯槽の洗浄が完了します。

本当に洗濯槽クリーナーとキッチンハイターを変えるだけです。

「槽洗浄」のコースがない場合は、今から記載する方法で洗濯槽の洗浄をすることが可能です。


①ぬるま湯を洗濯槽にため、キッチンハイターを入れる。使用量は、水5Lに対してキッチンハイターを25ml。


②「洗い」のコースで5分~10分程度回し、洗浄液が洗濯槽全体にいきわたるようにする。


③全体にいきわたったまま汚れに応じて放置する。(4時間から12時間程度) 目に見える汚れがあればネットですくう。


④「洗い・すすぎ・脱水」を行う。洗濯槽内の汚れが完全になくなるまで何回か回す。

この作業をする場合は、ゴム手袋を着用することで手荒れやトラブルが起こることが少なくなります。

また、この操作をして万が一洗濯機が壊れてしまっても自己責任になってしまいますので、ご了承ください。

キッチンハイターとは

はじめに、今回のテーマであるキッチンハイターがどのような商品なのか簡単に説明していこうと思います。

キッチンハイターは、花王株式会社が販売している商品です。

塩素系の台所用漂白剤で、殺菌・消臭効果があります。

配合成分は、次亜塩素ナトリウム、界面活性剤(アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム)、水酸化ナトリウムです。

布巾(白色のもの)、プラスチックのお皿やコップ、シリコン製の食器、ガラス製の食器などには使用することができます。

一方で、色物の繊維製品、金属製の食器、漆器、水洗いをすることのできない調理器具や場所には使用することができません。

使用上の注意もいくつかあり、特に気を付けることは原液のまま使用しないことです。

また、泡ハイターの容器に詰め替えても泡にならないので注意してください。

キッチンハイターの使い方(キッチン編)

次に、キッチンハイターの使い方について説明します。

場所や食器ごとに使用方法が変わってくるので、注意してください。


・まな板や食器など

使用量:5Lの水にキャップ約2杯分(キャップ1杯で約25ml)

除菌・消臭したい場合は約2分つけおきした後に水で流す。

漂白したい場合は、30分程度つけおきした後に水で流す。

汚れがひどい場合は少し長めにつけおきをしてもいいですね。

木製の製品の場合も、少し長めにつけておくようにしましょう。


・冷蔵庫の中

使用量:5Lの水にキャップ約1/2杯

布を液につけておき、それで冷蔵庫の中をふく。

そのあとに、水拭きをします。


・布巾やおしぼり

使用量:5Lの水にキャップ約1.2杯

約2分つけおきした後に、水ですすぎ固く絞る。

漂白したい場合は、約30分程度つけおきしておく。

こちらも、汚れがひどい場合は少し長くつけておくことをお勧めします。

まとめ

今回は、キッチンハイターで洗濯槽を掃除する方法とキッチンハイターの使用方法について紹介しました。

安価で簡単に購入することのできるキッチンハイターで台所以外のところも掃除できるなんとてもお得ですね。

とっても簡単に洗濯槽をきれいにすることができるので、気になった方はぜひ一度このやり方で洗濯槽の掃除をしてみてください。

▼関連記事 部屋の壁がくさい!?原因と対策を徹底解説!

タイトルとURLをコピーしました