妊婦さんの悪阻(つわり)時の食事とは?無理や我慢は不要です!

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





悪阻(つわり)がある時に、食事はどうすれば良いのでしょうか。

今まで普通に食べていたものまで、受け付けなくなったりしますよね。


そんな時は、食べられそうな物を、食べられる時に、無理なく食べる!

気持ち悪いのを我慢して、無理して食べなくても大丈夫です。


悪阻(つわり)の期間中でも、食べやすい物やおススメの食材など、

妊婦さんと、お腹の赤ちゃんに優しい情報をご紹介します!

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 





悪阻(つわり)がツライ時!食事のバランスは気にせずに!

つわりがあって食べられなくなると、気になるのは赤ちゃんへの影響です。

栄養バランスが偏り、成長に差し障りがあるかも知れないと不安になります。


周りからも、バランスの良い食事をたっぷり摂るよう、言われたりします。

妊婦さんは「食べなければ、、」という気持ちに、追い込まれてしまいますね。


でも実は、そんな心配はしなくても大丈夫なようで、多少の栄養バランスの

偏りや、不足があっても、赤ちゃんの成長に大きな影響はないとの事です。


悪阻(つわり)がある期間は、個人差はありますが、5、6週から始まり、

7~12週にピークを迎える、およそ2~3か月間です。


その間の食事については、食べ物の嗜好の変化や体調不良などで、思い通りに

出来ないことが多いものです。

悪阻(つわり)のピーク時には、気持ちを楽にして、小まめな水分補給と、

食べられそうなものを、無理しない食べ方で乗り切りましょう。

悪阻(つわり)がツライ時の食事として取り入れやすいもの

栄養指導などで言われる、食べたほうがいい物という概念は、取り敢えず

頭の隅に置いておきましょう。


悪阻(つわり)で物が食べられない時は、何でも良いので、美味しい!と思える

ものを少しづつ口にするよう心掛けるだけで大丈夫です。


噛むことがツライ妊婦さんもいると思います。

そんな時には、ゼリーや栄養ドリンクなど、噛まずに摂取できるものでOKです。


妊娠期間はビタミン、ミネラル、カルシウムが、吸い取られていくような感覚が

あるので、妊婦さんの美容と健康のために、補給していきましょう。


多くの妊婦さんに人気が高いのは、ウィダーインゼリーです。

欲しい栄養素を爽やかな風味と、快適なのどごしで補給できます。


ミネラル不足解消に、ウィダーインゼリーマルチミネラルを。

ビタミン不足解消に、ウィダーインゼリーマルチビタミンを。


他にも、森永製菓から「inゼリー」という製品が発売されています。

エネルギー、ビタミン、ミネラル、プロテインと、豊富なラインナップです。


どうしても食べられない、食欲が出ない時などに、是非試してみて下さいね。

少しでも、悪阻(つわり)の不快感とストレスが軽減されるかも知れません。

悪阻(つわり)がツライ時の食事に効果的とされる食材

★ショウガ

ショウガの辛みや香りが、消化器官に働きかけ、悪阻(つわり)の軽減を

期待できると考えられています。


お味噌汁に少々、うどんに少々と、食事の中にプラスしてみて下さい。

香りや風味が変わることでも、食欲に変化がみられるかも知れません。


ただし妊婦さんの場合、1日の摂取量2,000㎎迄が良いとされています。

ティースプーン1杯程度のおろしショウガを目安に、摂取しましょう。


★ビタミンB6

ジャガイモやサツマイモなどのデンプン質の野菜、バナナやパプリカ、カツオや

サケの赤みの魚、鶏肉やひれ肉などに含まれている、ビタミンB6も強い味方です。


糖質の代謝調整に適しているビタミンB6は、悪阻(つわり)が、多少なりとも

軽減されると期待が持てる食材です。


これらの食材を食事の中に上手に取り入れ、意識的に摂取してみましょう。

少しづつ体調が変わるかも知れませんね。


ビタミンB6を楽に摂取する方法として、今人気のプロテインがあります。

食事そのものが苦痛な場合は、プロテイン飲料で栄養補給がおススメです。

妊婦さんの悪阻(つわり)を緩和する飲食方法

本来は、当事者にしか分からないくらい大変な苦痛の悪阻(つわり)。

妊娠にまつわる症状だから仕方ないと、我慢している人も多いのでは?


多くの妊婦さんが実践している、ちょっとでも悪阻(つわり)を緩和する方法を

いくつかご紹介します。


★ミント系ガムやタブレット

気持ち悪さを緩和する効果と、乱れがちな口腔内環境を整える作用があります。

特におススメなのは、キシリトール配合のタブレットです。


ロッテのシュガーレス「キシリトール・タブレット」など、常にお口の中を

スッキリさせ、虫歯予防にも効果的なアイテムは強い味方となります。



★柑橘系・炭酸飲料水

レモンやミカンの風味が加えられた、爽やかな炭酸飲料水はスッキリします。

水分補給もツライという人でも、柑橘系の香りで喉を通りやすく整えます。


食事のお供に、いつでも飲めるよう手元に置いておくと安心です。

飲みながらなら、少しづつでも食事が進みそうですね。



★果物

みずみずしく、ビタミンと水分たっぷりの果物はおススメです。

食物繊維も摂れるので、妊婦さんに起こりがちな便秘にも、効果的ですね。


ごはんは無理でも、果物ならスイスイ食べられる、という妊婦さんがいます。

ヨーグルトと合わせたり、スムージーにアレンジしたりしても良いですね。

妊婦さんの悪阻(つわり)で気を付ける点

常に気持ち悪さがあって、食欲がなく、水分補給でも吐いてしまう様な場合は、

脱水症状が心配されます。早めに診察を受けることをおススメします。


また、妊娠前より体重が著しく減少していく場合や、トイレに行く回数が明らかに

少なくなっている場合も、悪阻(つわり)による脱水症状が考えられます。


強い脱水症状を起こしていると、点滴による水分補給の処置を受けなければなり

ません。ツライ時は我慢し過ぎず、早めに産院で診察を受けて下さい。

まとめ

幸せな妊娠でも、悪阻(つわり)の症状は本当にしんどいものです。

2~3ヶ月とはいえ、いつまで続くのか、終わりが見えない苦しさです。


ゆっくり身体を労りつつ、無理のない飲食を心掛けて、出来るだけ気持ちを

楽に過ごして下さいね。


食べられるものを、食べられるタイミングで、食べられる量だけ食べる事。

そして、こまめな水分補給を忘れずに、無事に乗り切っていきましょう!


▼関連記事 おむつかぶれにはオロナインが効くって本当!?

タイトルとURLをコピーしました